2015年世界高額所得者ランキング 富豪 長者番付

Toshiaki Kanda 2015年05月17日 日曜日
0 people like this post

2015年世界高額所得者ランキング アメリカの経済誌「フォーブス」が発表した2015年版世界長者番付


■1位 ビル・ゲイツ (米) 792億ドル ※7兆9200億円
マイクロソフト共同創業者。現在は妻とビル&メリンダ・ゲイツ財団の慈善活動に注力している。過去20年間で15回もトップに輝くなど、もはや「世界一の大富豪」は彼の指定席といっても過言ではない。前年度760億ドルだった資産はマイクロソフトの好調なパフォーマンスなどによってさらに押し上げられた。


■2位 カルロス・スリム・エル― (メキシコ) 771億ドル ※7兆7100億円
「メキシコの通信王」の異名を持つカルロス氏は、2013年まで4年連続で世界長者番付のトップを守った実績がある。2014年は56億円を投じてAT&TTの株式を8.3%を取得。また、ニューヨーク・タイムズの17%近い株式を取得して筆頭株主となっている。


■3位 ウォーレン・バフェット (米) 727億ドル ※7兆2700億円
世界的に著名な投資家で、長者番付のトップ3の常連。世界最大規模の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイ社の株価が、2014年に初めて200,000ドルを超えるなど、好調なパフォーマンスに支えられ、バフェット氏の資産額も過去最高となった。


■4位 アマンシオ・オルテガ (スペイン) 645億ドル ※6兆4500億円
世界的な服飾ブランド「ZARA」を設立。自国スペインが金融危機にあえぐ中、オルテガ氏は、過去10年間に渡って、同ブランドを運営するInditex社の配当を数十億受け取り、マドリッドやバルセロナ、ロンドン、ニューヨークなどの不動産に再投資した。


■5位 ラリー・エリソン (米) 543億ドル ※5兆4300億円
ハイテク関連の起業家。CIA用にデータベースを構築した後、データベースソフトウェア会社のOracleを設立。2014年度の収益は383億円まで成長したが、2014年9月にCEOの座を退くことを明らかにし、世界に衝撃を与えた。


■6位 チャールズ・コーク/デイビッド・コーク (米) 429億ドル ※4兆2900億円
国際的な複合企業であるコーク・インダストリーズ社の共同経営者を務めるチャールズ・デイビッド兄弟。ビジネス界での影響力も去ることながら、政治へのかかわりが強く、2014年中間選挙では2人で計700万ドルを費やすなど話題となった。


■8位 クリスティ・ウォルトン (米) 417億ドル ※4兆1700億円
世界最大の小売り企業ウォルマート創業者次男ジョン・ウォルトンの妻。2005年にジョンが飛行機事故で他界した際、夫の資産を相続した。2014年はウォルマートの配当を4.7億ドル受け取った。


■9位 ジム・ウォルトン (米) 406億ドル ※4兆600億円
8位のクリスティ・ウォルトンに続きウォルマート創業家の一族で、創業者サム・ウォルトンの末っ子。一族で設立した150億ドル弱の資産を有するArvest銀行の会長兼CEOを務めており、2014年は27か国11,000以上の店舗を擁して、なんと4,730億ドルもの収益を上げた。


■10位 リリアンヌ・ベタンクール (フランス) 401億ドル ※4兆100億円
フランスの化粧品メーカーロレアル創業者の娘。2014年にロレアル株8%をネスレから買い増しを行い、ベタンクール一家全体でロレアル株の保有率を33%まで引き上げたことで、資産をさらに増やした。


■11位 アリス・ウォルトン (米) 394億ドル ※3兆9400億円
ウォルマート創業者の娘。美術をこよなく愛し、故郷での美術館オープンを手がけたり、自身で収集した貴重なコレクションの一部を美術館に寄付をするといった顔を持つ一方、政治活動においても支援を行っており、そのほとんどは共和党へ向けられているようだ。


■12位 サミュエル・ロブソン・ウォルトン (米) 391億ドル ※3兆9100億円
ウォルマート創業者の長男で、ウォルマート取締役会の会長を務めており、ウォルマートとは別に、自身で運営するベンチャー企業は、6億ドル近くに相当するハイアットホテルズの株式も保有している。父親が他界しウォルマートに入るまでは、オクラホマ州に拠点を置く法律事務所の共同経営者だった。


■13位 ベルナール・アルノー (フランス) 372億ドル ※3兆7200億円
高級ブランドを代表するルイ・ヴィトンやフェンディ、ブルガリなど計60にも及ぶブランドを傘下に持つLVMH社にて、1989年就任以降、25年以上もの間CEOを務めている。「ファッション界の帝王」と呼ばれており、流行を作り出す世界的なトレンドメーカーの一人でもある。


■14位 マイケル・ブルームバーグ (米) 355億ドル 3兆5500億円
2013年まで任期を務めた前ニューヨーク市長であり、金融経済情報を配信する大手通信会社ブルームバーグの創設者の一人でもある。2014年度は、90億ドルの収益を上げた同社の88%の株を保有しており、2015年度はブルームバーグ社の経営に戻ると明言したことで注目を集めたことが記憶に新しい。


■15位 ジェフ・ベゾス (米) 348億ドル ※3兆4800億円
1994年にアマゾンを創設後、CEOとして会社の拡大に努めてきた。同社の株式18%をまだ所有しているが、アマゾンブランドへの顧客ロイヤリティーを今以上に高めるであろうと信じる新規事業への投資は惜しまない。2014年のスマートフォン事業への参入は振るわなかったが、2015年オリジナルテレビシリーズでゴールデン・グローブ賞を獲得したことを契機に、アマゾンは映画業界へ参入する準備を進めている。


■16位 マーク・ザッカ―バーグ (米) 334億ドル ※3兆3400億円
SNSサイトフェイスブックを友人たちと創設し、CEOの座に就く。世界中でユーザーは14億人に上り、2014年の同社収益は、モバイル広告が寄与したこともあって、58%増加し、なんと125億ドルまで達した。


■17位 李嘉誠 (香港) 333億ドル ※3兆3300億円
1979年に、ハチソン・ワンポア・リミテッドの株22%を取得し、同社の会長に就任した。1980年には自身の慈善基金を設立するなど、慈善家としても有名で、最近ではついにアジアで最も裕福なビジネスパーソンの一人として数えられるまでとなった。


■18位 シェルドン・アデルソン (米) 314億ドル ※3兆1400億円
ラスベガス・サンズの会長兼CEOを務めており、別名「カシノ王」。世界最大のカシノ市場の一つであるマカオで、数年続いたカシノブームが去り、2014年は苦戦したため資産額を減らすこととなった。


■19位 ラリー・ペイジ (米) 297億ドル ※2兆9700億円
オンライン検索における世界シェア65%を誇るGoogleのCEO。2014年は、スマートサーモスタットを手がけるNestやWifi対応の家庭用監視カメラを販売するDropcamを、それぞれ32億ドル、5億5,500万ドルで買収した。


■20位 セルゲイ・ブリン (米) 292億ドル ※2兆9200億円
19位のラリー・ペイジとともにGoogleの共同創設者。発売が頓挫してしまった「Google グラス」やスマート・コンタクトレンズなどリスクの高い商品開発の運営を担っている。2013年に27歳同社幹部女性との不倫が取り沙汰されたことが原因で、ペイジとの間に亀裂が生じたとされている。

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150404-00000010-zuuonline-nb

日本人ランキング

世界ランキング 41位にユニクロの柳井氏がランクイン


1.柳井正氏
ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長 202億ドル ※2兆200億円

ユニクロは2014年に海外の売上が65%アップし、2020年までに世界最大のアパレルメーカーとなることを目指している。柳井会長の2人の息子はそれぞれ10億ドル以上の遺産があり、フォーブスはそれも柳井会長の資産として計上した。


2.孫正義氏 ソフトバンク社長 141億ドル ※1兆4100億円

ソフトバンクは中国の電子商取引最大手アリババの株式を32%保有しており、2014年9月にアリババがニューヨーク証券取引所に上場したことで資産がアップした。通信業界だけにとどまらず、ロボット作業への関心も高く、2014年にはコミュニケーションに特化したロボットPepper(ペッパー)を販売した。


3.三木谷浩史氏 楽天代表取締役会長兼社長 87億ドル ※8700億円

楽天は常に新規ビジネスへの取得に積極的で、2014年は会員制アフィリエイトモールを展開するアメリカのEbatesを1000億円で買収。また、三木谷氏は既存の経団連とは一線を画して新経済連盟を発足させて代表理事を務める。


4.滝崎武光氏 キーエンス名誉会長 76億ドル ※7600億円

産業用センサーなどを開発・販売するエレクトロニクスメーカー・キーエンスの創設者。同社は成果主義で優秀な人材を集め、社員の年収が日本一高給の会社としても知られている。


5.高原慶一朗氏 ユニチャーム取締役ファウンダー 55億ドル ※5500億円

おむつなど健康用品メーカー・ユニチャームの創業者。現在は息子の豪久氏が同社社長を務める。アジア市場における高齢化や人口増加が追い風となり、中国が成長マーケットの鍵を握る市場となっている。


6.毒島邦雄氏 SANKYO名誉会長 45億ドル ※4500億円

パチンコ・パチスロメーカーSANKYOを創設し、家族の投資ファンドの株式を同社の代表を務める息子の秀行氏に譲った。


7.韓昌祐氏 マルハン代表取締役会長 42億ドル

日本最大のパチンコメーカーマルハンの創業者。パチンコだけでなく、ボウリングや映画館も運営している。また祖国の韓国永宗島に建設予定エンターテイメントプロジェクト・ドリームアイランドへの投資も継続している。


8.森章氏 森トラスト社長 37億ドル ※3700億円

不動産会社・森ビル創業者の三男。森トラストはシャングリラホテル東京を含め88の賃貸ビルと30のホテルを運営している。2020年東京オリンピックに向けてホテルのアップグレードに取り組んでいる。


9.伊藤雅俊氏 セブン&ホールディングス名誉会長 34億ドル ※3400億円

イトーヨーカ堂の創設者。セブン&アイホールディングスとして2020年までに女性管理職の割合を30%までに引き上げる政府の目標に同意した。


10.三木正浩氏 ABCマート創設者 33億ドル ※3300億円

ディスカウントシューズショップABCマートを創業。アベノミクスの恩恵で売り上げが好調。韓国、台湾をアジアの成長マーケットとしてターゲットにしている。


11.永守重信氏 日本電産会長兼社長 33億ドル ※3300億円

日本電産の創業者で会長兼社長を務める。ハードディスクや光学ドライブ用のマイクロモータの世界トップメーカー。ロボット事業にも多額の投資をしている。


12.森佳子氏 森ビル取締役 25億ドル ※2500億円

六本木ヒルズをはじめとする東京都心の再開発事業を手掛けた森ビル元会長・森稔氏の妻。佳子氏は森ビルの取締役。日本人女性としてはトップランク。


13.重田康光氏 光通信会長兼CEO 19.5億ドル ※1950億円

光通信の創業者。23歳で起業し、無線電話の分野で一躍、日本を代表する販売会社に登りつめた。ITバブルがはじける前の資産は42億ドルあったが、それをピークに減少している。


14.安田隆夫氏 ドンキーホーテホールディングス会長 17.5億ドル ※1750億円

ドンキホーテの創業者。6月30日付けで会長職を退き、創業会長兼最高顧問に就任する予定。円安にともないディスカウントショップ「ドンキホーテ」の売上は好調に推移している。


15.似鳥昭雄氏 ニトリホールディングス社長 16.5億ドル ※1650億円

低価格家具チェーン「ニトリ」の創業者。日本国内とアメリカを合わせ331店舗を展開する。アメリカでのチェーン展開も視野に入れる。


16.馬場功淳氏 コロプラ代表取締役社長 16億ドル ※1600億円

スマートフォン向けゲームメーカーの代表。日本人トップ20では最年少の37歳にして長者番付入り。同社が手掛けるゲームはアメリカGoogle playのBest Games of 2014 において3タイトルが選出された。


17.多田勝美氏 大東建託創業者 15億ドル ※1500億円

大東建託を創業し会長を務めた。オーストラリアの他、マレーシアやシンガポールの不動産開発にも事業を拡大。2013年にはウェスティンシンガポールを4億ドルで買収した。


18.笠原健治氏 ミクシィ会長 14億ドル ※1400億円

日本最大のソーシャルネットワーキングサービス・ミクシィを運営。利用者は1,800万人に上る。SNS以外にもモバイルゲームにも参入。


19.前澤友作氏 スタートトゥデイ社長 13億ドル ※1300億円

日本最大のオンラインファッションモールZOZOTOWN創設者。3.5万人が659店舗ある同サイトから買い物をした実績がある。


20.岡田和生氏 ユニバーサルエンターテイメント会長 12.5億ドル ※1250億円

パチスロ機大手メーカー。同社はフィリピンのカシノ計画をめぐり賄賂問題で揺れているが、事業自体は拡大を続けている。

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150404-00000006-zuuonline-nb

21位 福武總一郎、1320億円、ベネッセホールディングス創業者、通信教育
21位 田中良和、1320億円、グリー社長(創業者)、ソーシャル・ネットワーキング・サービス
21位 山海嘉之、1320億円、サイバーダインCEO(創業者)、ロボットスーツ開発
24位 佐治信忠、1200億円、サントリーホールディングス会長(創業者一族)、酒類・飲料製造、販売

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150319-00010004-biz_bj-nb

世界大富豪「女性」ランキングトップ10

1.クリスティ・ウォルトン (米国) 417億ドル

世界最大の小売り企業のアメリカ・ウォルマート創業者次男ジョン・ウォルトンの妻。2005年にジョンが不運な飛行機事故でこの世を去った後、夫の資産を相続。2014年ウォルマートから配当として4.7億ドルを受け取った。

2.リリアンヌ・ベタンクール (フランス) 401億ドル

フランスの大手化粧品メーカー、ロレアル創業者の娘。2014年にはロレアル株8%を食品大手ネスレから買い取り、ベタンクール一家全体でロレアル株の保有率を33%まで引き上げ、資産を増加させた。

3.アリス・ウォルトン (米国) 394億ドル

当ランキングのトップにランクされたクリスティ・ウォルトン同様、ウォルマートを運営するウォルトン一族の一員で、アリスは創業者の娘にあたる。美術をこよなく愛し、故郷での美術館オープンを手がけたり、自身で収集した貴重なコレクションの一部を美術館に寄付をする一方、政治への関わりも積極的で、共和党への支援を行っている。

4.ジャクリーン・マース (米国) 266億ドル

M&M‘sのチョコレートでお馴染みの米大手食品会社マースの創業者の孫。他の2人の兄弟とともに、マースの資産330億ドルを所有しているとされる。アメリカ陸軍の兵士たちの要望を受けて開発されたM&M‘sは、1941年に製造販売が開始となり、実は現在でも軍の補給物資の一つとして扱われている。また、ジャクリーンはフィールドスポーツの研究施設や美術館の取締役会などでも活動している。

5.マリア・フランカ・フィッソロ(イタリア) 234億ドル

世界的大ヒット食品「ヌテラ」を生み出した、イタリアの食品会社「フェレロ」創業者の息子ミケーレ・フェレロの未亡人。ミケーレ・フェレロは、父親が開発したヘーゼルナッツとココアパウダーを混ぜたペーストを世界中に普及させ、欧州を代表する会社へと発展させた。そのミケーレが2015年2月に他界し、マリアと現在CEOを務めるその息子が、フェレロ関連の資産を相続し、本年度の長者番付ランキングに初登場となった。

6.ローレン・パウエル・ジョブズ (アメリカ) 195億ドル

アップル創設者の故スティーブジョブズの妻。ヒラリー・クリントンの最大の資金支援者としても知られるほか、非合法に国内に居住する移民とその子供に米国籍を付与するための活動「ドリームアクト」、また米国に1,000万人以上いるとされる国籍を持たない子供たちにも高等教育を受けるチャンスを与えるための活動「カレッジトラック」と呼ばれるボランティア活動に従事している。

資産面においては、ウォルト・ディズニー・カンパニーの株7.7%を保有し、個人投資家としては筆頭株主である。

7.アン・コックス・チェンバース (アメリカ) 170億ドル

年間売上高170億ドルを誇る巨大メディア会社、コックス・エンタープライズ創業者ジェイムズ・コックスの娘。単に父親から遺産を相続しただけでなく、女性の社会的な活躍がほとんど見られなかった時代から、自らCEOとして長年会社経営に従事し、アメリカ最大のメディア会社へと成長させた。95歳となった今でも、会長として取締役会には参加している。チェンバースは、ジミー・カーター大統領政権の頃にベルギー大使を務めたこともある経歴の持ち主だ。

8.スザンネ・クラッテン (ドイツ) 168億ドル

ドイツ大手自動車メーカーBMWの株式12.6%を他界した父から相続。同社役員会のメンバーでもある弟シュテファン・クヴァントと母親のヨハンナ保有分を合わせて、一家で同社の株式を約50%保有している。

9.ヨハンナ・クヴァント(ドイツ)139億ドル

スザンネ・クラッテンの母親であり、倒産の危機にあったBMWを救済した、故ヘルベルト・クヴァントの妻でもある。実業家だったヘルベルトの秘書を長年務めた後、彼の3人目の妻となった。ヨハンナは、今も17%ほどのBMW株式を所有している。

10.アイリス・フォントボナ(チリ)135億ドル

鉱業や飲料事業などで財を築いた夫が、癌を患って2005年に他界。3人の息子とともにビジネスを引き継ぎ、銀行業や飲料などの製造事業、エネルギー、輸送、そして港湾サービスに至るまで多種多様な事業を手がけるキニェンコ社の株式の大部分を家族で保有するほか、クロアチアのリゾートホテルも所有している。

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150329-00000007-zuuonline-nb

中国富豪 ベスト20

■20位 Lu Guanqiu氏 51億ドル

Lu Guanqiu氏は、70歳。杭州で自動車パーツメーカーとして万向集团を設立し、その後太陽発電や不動産など多角的に展開して事業を大きくした存在。世界での富豪ランキングは301位となる。

■19位 Guo Guangchang氏 57億ドル

Guo Guangchang氏は巨大コングロマリット・復星国際(フォースン・グループ)の会長。復星はほぼルネサルエレクトロニクスと同規模の企業であり、上海の名門・復旦大学のOB4人が1992年に設立したことで知られる。郭広昌氏は中国財界の大物としても知られる。世界富豪ランキング259位。

■18位 Zhang Zhidong氏 58億ドル

Tony Zhangとして知名度の高い同氏はインターネットカンパニーであるテンセントのCTOを16年間勤めた存在で、同社の株式を約3%有し、第2のシェアホルダーとなっている。 世界でのランキングは254位。

■17位 Lu Zhiqiang氏 59億ドル

Lu Zhiqiang氏は北京のチャイナオーシャンワイドグループの創業者。同社は中国の非国営コングロマリットの中ではもっとも大きな企業のうちのひとつ。不動産、金融サービス、レノボコンピュータを手がけている。2014年にはサンフランシスコで土地を買収したことでも有名な存在。世界ランキングは248位となる。

■16位 Chan Laiwa氏61億ドル

Chan Laiwa氏は香港富華国際集団の主席を務め、主に不動産業を手がける。北京市の長安街に会員制の高級クラブ・長安倶楽部と八通線路北側に紫檀博物館を所有することでも有名で、同市内で不動産プロジェクトも手がけている。世界ランキングでは240位となる。

■15位 Hui Ka Yan氏 62億ドル

Hui Ka Yan氏は中国で2番目の規模を誇る不動産企業、恒大集団(エバーグランデグループ)を1996年に設立した創業者。人気チームである 広州恒サッカークラブの所有者としても知られる存在。世界ランキングは230位となる。

■14位 Liu Yongxing氏 66億ドル

四川ニューホープグループ(深圳証券取引所:000876)会長を勤めるのが刘永好氏。民間の飼料産業における中国最大の企業。ほかに3兄弟がおり、各人とも有名な存在となっている。中国民生銀行の副会長でもある。世界ランキングは208位。

■13位 ウイリアム・ディン氏(William Ding) 66億ドル

ウィリアム・ディン氏はNetEaseのCEO。中国名で網易と呼ばれるこのサイトは中国三大ポータルサイトの一つ。PC向けポータルサイト運営以外に、オークションやオンラインショッピングなども展開中。世界ランキングは208位。

■12位 Wang Jing氏 79億ドル

Wang Jing氏は北京Xinweiテレコム技術有限公司のCEO、チェアマンで創業者。2014年に持ち株を売却して巨額の現金資産を手にすることになった人物。北京在住で独身である。世界の富豪ランキングでは195位に入る。

■11位 Liu Qiangdong氏 74億ドル

Liu Qiangdong氏は京東商城(JD.COM)のCEOで同社は2014年5月にNASDAQに上々を果たし、時価総額は6兆円を超える規模となっている。売上高は1.3兆円規模となっているが、純損益では赤字の企業。リュー氏の資産はこの新規公開株(IPO)によるところが多い。世界ランキングでは179位。

■10位 Wei Jianjun氏 89億ドル

Wei Jianjun氏は長城汽車有限会社(グレートウォールモーターカンパニー)の会長。この長城汽車は中国最大の自動車メーカーとして有名な存在で、国内では初めて香港証券取引所に上場した存在として知られている。世界ランキングでは147位となる。

■9位 Wang Wenyin氏 99億ドル

銅製品やケーブルを製造する正威集団(Amer International)のチェアマンで創業者。20年ほど前に起業して中国のトップ企業500社の中の有力企業へと成長している。2010年には中国起業家協会の副会長にも就任している。世界ランクは125位。

■8位 He Xiangjian氏 99億ドル

家電メーカーの美的集団(Midea Group)の創業者。1968年の創業で長い経歴をもち、現在では13万5,000人の従業員を抱える大企業へと成長している。2013年には上海株式市場に上場している。世界ランクは125位。

■7位 Zong Qinghou氏 103億ドル

中国大手飲料メーカーのワハハ集団の会長を務めている。宋氏は1987年から国営企業だったワハハの経営に当たり、1996年にはダノンとの合弁企業を設立。その後ダノンからワハハ株を買い取ったことにより長者番付に登場する存在となった。世界ランキングは124位となる。

■6位 Lei Jun氏 132億ドル

金山軟件有限公司の会長兼CEOを務める人物。中国最大のソフト開発販売会社のひとつ。もともと香港企業から派生して設立された会社。雷軍氏は同社の株式の10.3%を取得し、自ら会長となった。エンジェル投資家としても有名な存在。世界ランクは87位。

■5位 Robin Li氏 153億ドル

中国最大の検索エンジンであるBaiduの創業者であり、現会長兼CEO。北京大学卒業後ニューヨーク州立大学でコンピュータサイエンスの修士を取得。米国松下電器での勤務経験もある。2000年にベンチャーキャピタルから120万ドルの融資を受けてBaiduを設立し大きな成功を収めている。世界ランク62位。

■4位 Ma Huateng氏 161億ドル

アジア最大のインターネット企業、テンセントホールディングスの会長。近年のインスタントメッセージやSNSアプリ、携帯向けオンラインゲーム開発での売り上げ増が馬化騰氏自身の資産増加に寄与している。世界ランクは56位となる。

■3位 Li Hejun氏 211億ドル

李河君氏は、クリーンエネルギー企業「漢能集団」(ハナジー・ホールディングス・グループ)を率いる事業家。もともと太陽光発電に知見のないハナジーはM&Aによりそのケイパビリティを高めるというインオーガニックグロースを展開し、見事に世界的な技術集団となっている。世界ランクは38位。

■2位 ジャック・マー氏(Jack Ma) 227億ドル

ジャック・マー氏はアリババの創業者で現会長。NYSEへの上場を果たしたことで巨額の富を手にすることになった人物。電子商取引で同社の規模はさらに大きくなっており、利益が拡大すればマー氏の資産もより大きくなることが期待されている。世界ランクは33位。

■1位 王健林氏(Wang Jianlin) 242億ドル

王健林氏は不動産業を中核とする中国の複合企業、大連万達集団の会長。すでに長者番付では有名な常連の存在。これらの上位3者は常に毎年激しく入れ替わりを見せており、事業業績がそのまま富の総額に密接につながっていることを示している。世界ランキングは29位。

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150516-00000001-zuuonline-nb

日本の長者番付: 戦後億万長者の盛衰 (平凡社新書)

 

 

順位名前企業・職種業種純資産国籍年齢
ドル
1ビル・ゲイツ
William Gates
マイクロソフトの共同創業者・会長IT792億ドル9兆5040億円アメリカ59歳
2カルロス・スリム・ヘル
Carlos Slim Helu
テレフォノス・デ・メヒコ(Telefonos de Mexico)・テルメックス(Telmex)通信771億ドル9兆2520億円メキシコ75歳
3ウォーレン・バフェット
Warren Buffett
バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway)の会長兼CEO投資家727億ドル8兆7240億円アメリカ84歳
4アマンシオ・オルテガ
Amancio Ortega
インディテックス(Zaraなど)創業者アパレル645億ドル7兆7400億円スペイン78歳
5ラリー・エリソン
Lawrence Ellison
オラクル・コーポレーション(Oracle)の共同設立者ソフトウェア543億ドル6兆5160億円アメリカ70歳
6チャールズ・コーク
Charles Koch
コーク・インダストリーズ会長兼CEOコングロマリット429億ドル5兆1480億円アメリカ79歳
6デイヴィッド・コーク
David Koch
コーク・インダストリーズ取締役副社長コングロマリット429億ドル5兆1480億円アメリカ73歳
8クリスティ・ウォルトン
Christy Walton
ウォルマート(Wal-Mart)創業者の次男の寡婦スーパーマーケット417億ドル5兆40億円アメリカ60歳
9ジム・ウォルトン
Jim Walton
ウォルマート(Wal-Mart)創業者サム・ウォルトンの三男でアーベスト銀行会長スーパーマーケット406億ドル4兆8720億円アメリカ67歳
10リリアンヌ・ベタンクール
Liliane Bettencourt
ロレアルの創業者ウージェンヌ・シュエレールの一人娘化粧品401億ドル4兆8120億円フランス92歳
11アリス・ウォルトン
Alice Walton
ウォルマート(Wal-Mart)創業者サム・ウォルトンの娘スーパーマーケット394億ドル4兆7280億円アメリカ65歳
12サミュエル・ロブソン・ウォルトン
S. Robson Walton
ウォルマート(Wal-Mart)の創業者サム・ウォルトンの長男スーパーマーケット391億ドル4兆6920億円アメリカ71歳
13ベルナール・アルノー
Bernard Arnault & family
LVMH(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトングループ)CEOアパレル372億ドル4兆4640億円フランス65歳
14マイケル・ブルームバーグ
Michael Bloomberg
ブルームバーグ創設者通信社・放送事業355億ドル4兆2600億円アメリカ73歳
15ジェフ・ベゾス
Jeff Bezos
Amazon創業者・CEOIT348億ドル4兆1760億円アメリカ51歳
16マーク・ザッカーバーグ
Mark Zuckerberg
Facebook創業者・CEO。Facebook334億ドル4兆80億万円アメリカ30歳
17李嘉誠
Li Ka-shing
長江実業グループ創設者不動産333億ドル3兆9960億円香港86歳
18シェルドン・アデルソン
Sheldon Adelson
米カシノ大手ラスベガス・サンズ(Sands)のオーナーカシノ314億ドル3兆7680億円アメリカ81歳
19ラリー・ペイジ
Larry Page
Google創業者、製品部門担当社長IT297億ドル3兆5640億円アメリカ41歳
20セルゲイ・ブリン
Sergey Brin
Google創業者、技術部門担当社長IT292億ドル3兆5040億円アメリカ41歳
21ジョージ・シェフラー
Georg Schaeffler
「INA」「LuK」「FAG」を傘下に持つシェフラーグループ(Schaeffler Group)の会長兼オーナーベアリングメーカー269億ドル3兆2280億円ドイツ50歳
22フォレスト・マーズ・ジュニア
Forrest Mars, Jr.
M&M’SやSNICKERSなどのお菓子を販売する「MARS」の創業者の長男。食料品266億ドル3兆1920億円アメリカ83歳
22ジャクリーン・マーズ
Jacqueline Mars
M&M’SやSNICKERSなどのお菓子を販売する「MARS」の創業者の娘。食料品266億ドル3兆1920億円アメリカ75歳
22ジョン・マーズ
John Mars
M&M’SやSNICKERSなどのお菓子を販売する「MARS」の創業者の息子。食料品266億ドル3兆1920億円アメリカ78歳
25デイヴィッド・トムソン
David Thomson
ロイターを買収したトムソン・ロイター会長金融情報サービス255億ドル3兆600億円カナダ57歳
26ジョルジ・パウロ・レマン
Jorge Paulo Lemann
投資会社「3G Capital」創業。バドワイザーの「アンハイザー・ブッシュ」とファストフードの「バーガーキング」を買収。ビール250億ドル3兆円ブラジル75歳
27李兆基
Lee Shau Kee
ヘンダーソンランド創業者不動産・コングロマリット248億ドル2兆9760億円香港87歳
28ステファン・パーソン
Stefan Persson
H&M創業者アパレル245億ドル2兆9400億円スウェーデン67歳
29ジョージ・ソロス
George Soros
投資家ヘッジファンド242億ドル2兆9040億円アメリカ84歳
29王健林
Wang Jianlin
中国不動産大手の大連万達グループ会長不動産242億ドル2兆9040億円中国60歳
31カール・アイカーン
Carl Icahn
持株会社アイカーン・エンタープライズの創業者投資家235億ドル2兆8200億円アメリカ79歳

【備考】

出典:Forbes – The World’s Billionaires List(2015年3月2日)
米Forbes(フォーブス)では1826位まで掲載していますが、このページでは上位30位までを掲載しています。

為替レート:Yahoo!ファイナンス – 2015年3月2日のドル・円 為替レート

この記事に関連する記事

  • 0
  • 208
Toshiaki Kanda