今日の『会議』には『SMART』が設定されていたか? #SMART な #目標設定 とは

毎日、どこかで『会議』が行われている。

得意先の『社内会議』にオブザーバーとして参加すると、この『社内会議』ほど、それぞれの企業の社風を標榜しているものはない。

いずれの社内会議も、一見、建設的でポジティブなストーリーだが、会議のための会議に終わり、また振り出しに戻るという『時間』と『労力』をかけた割には『成果』につながらないケースが多い。

成果につながらない『報告中・確認』作業はレジュメで十分だ。

『空気を共有』ではなく、『SMART』を目指すとわかりやすい。
そう、『SMART』を共有してから『会議』で『目標設定』すると、誰もがすぐにアクションを起こしやすいカタチで具現化してくる。

 

反対に『SMART』で定義できない目標は『目標』ではない。『夢』である。

 


■Specific=テーマ・表現は具体的か?
■Measurable=第三者が定量的に測定可能か?
■Achievable=現実的に達成可能か?
■Result-oriented=「成果」に基づいているか?
■Time-bound=期限がついているか?

 

allabout.co.jp

 

 

globis.jp

 

100recurrent-edu.com

この記事に関連する記事