EMIはソニーの子会社 音楽業界

音楽業界の権利関係が非常に複雑怪奇…。

 EMIといえば東芝EMIが頭に浮かぶ人はもうすでに過去の人…。

ソニーは、実質的に、EMIの原盤権(レコード会社)と著作権(音楽出版社)の両方を傘下におさめたこととなる。

 

f:id:knnkanda:20180815102957j:plain

ソニーは、ムバダラインベストメントカンパニーが主導するコンソーシアムが保有する、EMI Music Publishingの株式約60%の持分すべてを、ソニーの子会社であるSony Corporation of Americaが買収する事で基本合意書を締結。

ソニーが支払う買収費用は約23億ドル(日本円で約2,500億円)程度を想定、ソニーはEMI Musicの持分約90%を間接的に保有することになり、EMI Musicはソニーの連結子会社となる。

ソニーグループでは、Sony/ATVと、ソニーの子会社であるソニー・ミュージックエンタテインメントの合計で、ビートルズの楽曲も含め230万曲以上の権利を管理。EMI Musicをソニーグループに加える事で、「音楽出版市場におけるナンバーワンポジションを維持できる」(ソニー社長 兼 CEOの吉田憲一郎氏)という。

ソニーがEMI Musicを約2,500億円で子会社化。「音楽出版のナンバーワンを維持」 – AV Watch  2018年5月22日

 

 

EMIの歴史

1931年に英コロムビアと英グラモフォンHMV)が合併し、EMI Electric and Musical Industries Ltdとして設立された。

かつてはユニバーサル・ミュージックソニー・ミュージックエンタテインメントワーナー・ミュージックと共に4大レコード会社のひとつ

  • 2012年
    • 6月30日 – ソニーが、EMIの音楽出版事業についての買収手続きが完了したと発表した。これにより、ソニーが世界最大の音楽著作権者となった。
    • 9月28日 – ユニバーサル・ミュージックがEMIのレコード部門の買収を完了した。これにより、ユニバーサル・ミュージックは世界最大の音楽事業会社としての地位を強化した。

2013年

EMI – Wikipedia

 

 

4knn.tv

 

 

4knn.tv

 

4knn.tv

 

news.yahoo.co.jp

 

ノーザン・ソングス 誰がビートルズの林檎をかじったのか

ノーザン・ソングス 誰がビートルズの林檎をかじったのか

  • 作者: ブライアン・サウソール,ルパート・ペリー,上西園誠
  • 出版社/メーカー: シンコーミュージック
  • 発売日: 2010/03/29
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 25回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
 

 

この記事に関連する記事