永遠のベイシティローラーズ #ベイシティローラーズ

www.youtube.com

 

ベイシティローラーズのレスリーマッコーエンさんが福岡で見かけたとか…。

マッコーエン、バンドで来日中。

 

1970年代、アイドル全盛時代のまさに本当のアイドルがベイ・シティ・ローラーズ。

クイーン、KISS、エアロスミスと中学生の財布をこれでもか!と苦しめられました。

カーペンターズやスージクアトロも毎年のように来るし…。

オリビアニュートンジョンもやってくる…、ランナウェイズも…。Tレックスも、ロッドスチュワートも、デビッド・ボウイも!

 

今と違って、チケットは3000円代。

高度成長期の日本といえども、中学生高校生には厳しいあの時代。

 

大阪の ラサスケートリンク と 大阪府立体育館へベイ・シティ・ローラーズを見に行った。

イアン・ミッチェルが脱退し、パット・マッグリンが加盟したライブだ。

今とちがって、イアン・ミッチェルの脱退は、ミュージックライフの速報版で知った。

続きは、FMエアチェックの週刊誌くらいしか報じられない。

そう、当時は、FMラジオでかかる楽曲をテープに録音するために、何がかかるかをFMラジオの週刊誌を買って、『エアチェック』してレコードを買うお金をセーブしていた。カセットテープに、『インレタ』で飾って、カーステレオで鳴らすという涙ぐましい努力…。

 

月額サブスクリプションのSpotifyなんて存在がなかった時代はそうやって、買ったレコード、高校時代から、レンタルレコードが登場し、爆発的に音楽を聞く総数が増えた!

 

テレビでは歌謡曲番組が週に50番組もあった時代だけど、洋楽は少なかった…。

『ベストヒットUSA』はその中でも、必見の番組だった。

 


【12/1(土) ベストヒットUSA・DJナイト】小林克也コメント動画!

 

 

 

この記事に関連する記事