2040年、1.5度気温上昇する地球 IPCC発表

Toshiaki Kanda 2018年10月08日 月曜日
0 people like this post

2018年の日本、台風、地震、集中豪雨、もはや単なる異常気象だけではすまされないことを誰もが実感している。

IPCC(国連の気候変動に関する政府間パネル)が、2040年に1.5度気温が上昇すると発表した

温暖化ガスの排出規制は、深刻に日本からもっと世界にアピールする必要があるだろう…。

2020年東京オリンピックが、台風や集中豪雨などの天候不良で開催不可になっているかもしれない…。

 

IPCC

環境省_IPCC関連情報

 

現状の温暖化ガスの排出ペースが続くと2040年ごろの気温上昇が産業革命前より1.5度に達するとの予測をまとめた。猛暑や豪雨が増加するほか海面上昇も高まり動植物の絶滅などにつながると分析。

www.nikkei.com

 

 

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)「1.5℃特別報告書(*)」の公表(第48回総会の結果)について

www.env.go.jp

 

報告書

https://www.env.go.jp/press/files/jp/110087.pdf

 

 

 

f:id:knnkanda:20180410160044j:plain

f:id:knnkanda:20180410164949j:plain

jccca.org

 

 

www.ted.com

 

 

「地球温暖化」狂騒曲 社会を壊す空騒ぎ

「地球温暖化」狂騒曲 社会を壊す空騒ぎ

 
地球温暖化は解決できるのか――パリ協定から未来へ! (岩波ジュニア新書)

地球温暖化は解決できるのか――パリ協定から未来へ! (岩波ジュニア新書)

 
新書791地球はもう温暖化していない (平凡社新書)

新書791地球はもう温暖化していない (平凡社新書)

 
異常気象と地球温暖化――未来に何が待っているか (岩波新書)

異常気象と地球温暖化――未来に何が待っているか (岩波新書)

 
新ビジョン2050 地球温暖化、少子高齢化は克服できる

新ビジョン2050 地球温暖化、少子高齢化は克服できる

 

 

 

この記事に関連する記事

Category: テレビ, ニュース
  • 0
  • 50
Toshiaki Kanda

KNN