【追悼】人質、湯川遥菜さんの壮絶な人生経験 湯川春奈

Toshiaki Kanda 2015年01月21日 水曜日
0 people like this post

【追記】2015/01/24  湯川さんらしき人が殺害されたと、後藤健二さんが写真を持った画像と音声が送られてきたという。追悼 湯川さん…

http://www.47news.jp/news/flashnews/

人質の湯川遥菜さん ブログ

http://ameblo.jp/yoshiko-kawashima/entry-11897703222.html

湯川遥菜さん facebook

https://www.facebook.com/haruna.pmc

湯川さんにとって、今回のシリア入りは人生のチャンスだったはずだった。

しかし、結果がこれはあまりにも辛辣すぎる…。

ボクもバグダッドに入った時に感じたことがあるが、どことなく常に戦時中が日常であり、平和な時が非日常な場所は、なにかこの世とは違う空気を感じる。生死の境界が狭いのだ。だからこそ、今日が大事で未来の展望を持ちにくい老後なんてコトバは絶対に出てこない。「明日」が一番大事なんだろう。そのために「今日」がある国たちだ。

湯川さんは千葉県内の高校を卒業後、2000年ごろに軍用ヘルメットなどを販売するミリタリーショップを開業した。父の正一さんと湯川さんのブログによると、この店は3─4年後に倒産し、借金を抱えた湯川さんは夜逃げをして、公園で1カ月近く生活をすることもあった。その借金は、正一さんがアパートを売り払って返済したという。

思い詰めた湯川さんは2008年頃自殺を図り、局部を切り落とした。この時は妻に止められ、病院で一命を取り留めたが、その妻はその2年ほど後に肺がんで亡くなったという。

失敗した時は女性として生きようとも思っていたので、後は運命に任せた」と、湯川さんは自身のブログで語っている。名前を「正行」から「遥菜」に変え、日中戦争当時に「東洋のマタハリ」や「男装の麗人」の異名をとった日本軍スパイ、川島芳子の生まれ変わりを自称していた

湯川さんは「頑張れ日本 全国行動委員会」のイベントにも参加している。田母神俊雄元航空幕僚長とのツーショット写真もネットで公開。同団体の茨城県本部代表、木本信男さんにPMCの顧問を依頼している。

湯川さんの安否を気遣う友人たちは、彼が自分探しの旅に出たのだろう、と語る。今年4月、湯川さんはブログにこうつづっている。

「残りの人生で多くの人を救いたい。僕は2008年頃から何度も絶望や死に直面している。今考えると死なずに救われてきたのは、歴史的偉業を成し遂げる使命が有るのだと考えざるをえない」。

http://www.huffingtonpost.jp/2014/09/03/haruna-yukawa_n_5757128.html

この記事に関連する記事

Category: politics
  • 0
  • 490
Toshiaki Kanda