620 Views

amazon prime radio 70年代ロックがヤバい!

スポンサーリンク

100万曲の中からのパーソナライズだから、大したことはできないと思っていたが…。

いやいや、こと、70年代ロックに関しては、もう完全にパーソナライズしなくてもこれだけで十分なのかも。今まで自分がitunesで聴き続けたコレクションよりもバラエティだ。

しかし、あっという間に同じ曲がかかりはじめる…。このあたりは仕方がない。


でも『+』ボタンで『ライブラリに追加』でき、アプリからはいつでも再生できるので、Wi-Fi環境であれば、ダウンロードしているのと同じ感覚で楽しめる。
つまり、Amazon Radioはエアチェックしていく感覚で、自分のライブラリを作り、プレイリストを作るという、いわば、かつてのFMラジオとして利用していくのが正解かもしれない。

prime会員のメリットだらけ

なんといっても、Prime会員だったら余計に費用がかからない…。映画もあるし…。
こうやってamazonにボクの好みはディープラーニングされていくんだろうなぁ…。

どのくらいの頻度で何を買っているのか?

ディープ・パープルやデビッド・ボウイを聞く人と映画との関係性や、買い物との関連性などは、たとえGoogleでも探りきれない状況かもだ。

Googleが煩悩のきっかけのスタート情報からパーソナライズを探り、Amazonは購買のゴールから、パーソナライズを探る。

AppleもMicrosoftもそれらの情報はどちらも得られていない。Bingを使う人をボクは見たことがない。

オッサンとオバハンのものとなったfacebookは、個人のSNSの関係性からハッシュタグ検索という「リアル検索」で人の直感的な煩悩を探ろうとする。

さて、未来の覇者は誰になるのだろうか?

興味はつきない…。

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク