827 Views

Apple Watch Bluetooth support, confirms app

The latest iOS 8.2 beta for the iPhone adds support for Apple’s next major product launch: the Apple Watch. Inside of the Bluetooth Settings menu is a new panel specifically for pairing an iPhone with the Apple Watch. Additionally, the instructions inside of the Bluetooth menu specifically indicate that Apple will release a dedicated “Apple Watch app” for setting up and controlling the wearable device. An early preview of the Watch explained the standalone app as follows:

Apple Watch users will install an Apple Watch app on their iPhone, which will be used to download apps onto the watch as well as likely manage Apple Watch settings. A user’s iPhone is also used to help with computational demands. Apple cleverly pushes a lot of processor needs to the phone in order to preserve Apple Watch battery life.

The Apple Watch is currently scheduled to ship in March, sources said earlier this month. Apple will begin training its retail staff on the Apple Watch around mid-February. As Oliver Charavel notes, you’ll be able to also manage iPhone settings (and even ping it) from the Watch:

The Apple Watch application is not yet accessible in the latest iOS 8.2 beta, but it will likely be pre-loaded into 8.2 upon its launch by March (or it will be available from the App Store). The Apple Watch only works with the iPhone 5 and newer, and it will start at $349.

引用元: Latest iOS 8.2 iPhone beta adds Apple Watch Bluetooth support, confirms app | 9to5Mac.

「WatchKit」を含むAppleの「iOS 8.2 SDK」ベータ版は2014年11月に公開され、Watch向けのアプリや通知、「Glance」の開発に必要なツール群を開発者に提供している。

「Apple Watch」の仕様、詳細が明らかに–管理アプリ「Companion」の内容リークで
 Watchのアプリは完全にネイティブで動作するわけではなく、2つに分割されることが既にWatchKitのドキュメンテーションから明らかになっている。WatchKitアプリはWatch上に保存されるが、ペアリングした「iPhone」上のWatchKit「拡張機能」が多くのタスクを処理し、新しいGlanceオプションを含むさまざまなインターフェースをWatch自体に表示するのを支援する。例えば、Watchから収集した健康データの処理をiPhoneに任せることで、Watchの限られたバッテリリソースを節約して使うことも可能になる。Watchのバッテリ持続時間は丸1日程度になるとみられている。

 AppleはiOS 8.2ベータ版のアップデートも何度か実施しており、米国時間2015年1月12日には第4ベータ版がリリースされている。9to5 Macによると、iOS 8.2第4ベータ版では、Bluetooth設定メニューにiPhoneをApple Watchとペアリングするための新しい項目が追加されているという。

リリースが待たれる「Apple Watch」–「WatchKit」ドキュメントで見る機能や特徴

 アプリがWatchとiPhoneの両方で連動することを考えると、Bluetooth経由でデバイスをペアリングする機能は、Watchアプリの機能性の大半にとって重要な要素だ。

 iOS 8.2第4ベータ版で明らかになった重要な情報はほかにもある。iPhoneにインストールされる専用のApple Watchアプリが提供される、ということだ。9to5 Macが指摘するように、Appleは過去にこのことに言及したことがあるが、今回の最新データ版によって、Apple Watchの使用にはiPhoneアプリが必要なことが確定した。このアプリは、Apple Watchのセットアップや操作を行うメインのインターフェースになる。このことは、初期プレビューを基に執筆された 2014年9月のレビュー記事が正しかったことを示唆している。

 Watchアプリは実際にはまだ公開されていないが、iOS 8.2第4ベータ版にこれら2つのアイテムが含まれていることは、Watchの発売準備が整いつつあることを示唆している。うわさによると、Watchは2015年3月に発売される予定だという。

http://japan.cnet.com/news/service/35058950/

https://www.youtube.com/watch?v=gCluaJe3lb4

この記事に関連する記事