2,912 Views

ソフトバンクアカデミアの記事掲載!pepperの開発者、林要氏

ソフトバンク孫正義直轄の、後継者育成塾。

ソフトバンクアカデミア
http://www.softbank.jp/academia/

門外不出の教えを直接に乞うことができる機会と場だからこそ、あまり実態を知ることができない。もちろん、厳格なNDAで情報は機密化されている。

今回Pepperプロジェクトの記事で、ソフトバンクアカデミアのひとつのロールモデルが紹介されていた。

アカデミアはグローバルコースと国内コースに分かれ(現在は統合)、生徒数は合わせて約300名。プレゼンや経営シミュレーションゲームなどで順位がつけられ、毎年下位20%は脱落、入れ替えとなる厳しい仕組みだ。

11年に外部1期生として合格した林はグローバルコースを選択。新事業の提案プレゼンでは、孫社長が「10億円出すからやってみろ」と事業化を許可した案件もあった。経営者だけでなく医師など多様な人材が集まる中、林は初年度から総合2位という好成績(12年は5位、13年は3位)を残す。

孫社長からは講義でリーダシップ論を学んだ。

「人を巻き込み、動かすのは、理屈ではない。リーダーとしての思いだ」

道なき道を進み、経験に裏打ちされた言葉に心を揺さぶられた。

■ そしてお呼びがかかった

アカデミア参加をきっかけに、ソフトバンクからオファーを受けたのは11年末のこと。「来年から来てほしい」。林は誘いに興奮しつつも、入社するかどうかは、任される仕事の内容次第だと冷静に考えていた。

「どんな仕事をやるんですか? 」「ロボットだ」。林は快諾した。ロボット開発の経験は皆無だが、迷いはなかった。「レクサスLFAやF1がそうだったように、前例のない分野でゴールに向かうことは得意だった。アカデミアで学んだリーダシップを実践したい気持ちも強かった」。12年4月にソフトバンクに入社。かつて門前払いされた機械系エンジニアは、その能力を買われて招かれた。扉が開いた瞬間だった。

引用元: Yahoo!ニュース – 「ペッパー」が呼び寄せた異能の”トヨタマン” (東洋経済オンライン).

この記事に関連する記事