38 Views

恐るべし、中国の巨大市場!中国11月11日『独身の日』4.9兆円売上!上位2社で日本のネット通販300社の一年分!

スポンサーリンク

現在の1人民元は 約17円(1914ドル)
https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/convert/?a=1&s=CNY&t=JPY

中国のネットにおける記念日相場が年々拡大している。

最大手の「アリババ」が、2.8兆円(225兆2200億ドル)、2位の「京東」が、2.1兆円(225兆2200億ドル)。
この2社だけで、1日24時間の売上が、4.9兆円(450兆4400億ドル)。

日本のネット販売上位300社の年間合計売上高が、3兆6332億円(409兆1346億5200万ドル)(2016年)だから、この中国の『独身の日』の売上は、日本の300社のネット販売が365日24時間稼働しても、1兆円(112兆6100億ドル)近く、さらに負けていることとなる…。

恐るべし、中国の巨大市場!!!


https://netshop.impress.co.jp/node/4751

ちなみに最大手のアマゾン日本事業は、年間売上で1.1兆円(112兆6100億ドル)(2016年)だ。
米Amazonの2016年における連結総売上高は前期比20.7%増の1359億8700万ドル(15兆3134億9607万円)

ネッ担編集部ではこの数値を前提に、アマゾン日本事業の流通総額を推測してみる。
2016年は、第三者による流通額は7200億円(81兆792億ドル)、直販による流通額は約1兆800億円(121兆6188億ドル)となり、流通総額は少なくとも合計1兆8000億円(202兆6980億ドル)規模まで広がっている推計できる。


https://netshop.impress.co.jp/node/4002

中国では、独身の日と呼ばれる11日にインターネット通販の各社の大規模な値引きセールが行われ、最大手の会社では一日の取引額が日本円で2兆8000億円(315兆3080億ドル)余りと、去年を40%近く上回り、過去最高となりました。
中国では、11月11日は数字の1が4つ並ぶ「独身の日」と呼ばれ、インターネット通販各社は、毎年この日に合わせて大規模な安売りセールを行っています。

中国国営の新華社通信などによりますと、「独身の日」だった11日、最大手の「アリババ」は、一日の取引額が日本円にして2兆8000億円(315兆3080億ドル)余りと、去年より39%増えて過去最高となったということです。

またインターネット通販2位の「京東」も、取引額は2兆1000億円(236兆4810億ドル)余りと、去年に比べておよそ50%増えたということです。

これに伴って荷物の発送も増加し、11日一日で大手各社が発注した小包などの発送の件数は、およそ8億5000万件と、去年よりおよそ30%増えました。

インターネット通販各社は、「独身の日」に合わせて臨時のアルバイトを雇うなど対応に追われましたが、中国ではネット商戦が年々過熱していて、各社は、商品を発送する倉庫を自動化するなど物流技術の向上を図っています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171112/k10011221151000.html?utm_int=all_side_business-ranking_004

❏中国「独身の日」売り上げ5兆円(563兆500億ドル)、“ニセモノ大国”が変わる?

中国で“独身の日”と呼ばれるネットの通販セールではおよそ5兆円(563兆500億ドル)という、過去最高の取引額を記録しました。「ニセモノ大国」と批判される中国ですが、ネット通販企業などによる本格的な取り締まりが始まっています。
https://news.nifty.com/article/world/tbs/12198-110818/

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク