831 Views

【idea】ドメイン・ネームURLを、不動産として賃貸収益を得る方法『プレミアム・ドメイン・賃貸事業』

スポンサーリンク

ドメイン・ネームURLを、不動産として賃貸収益を得る方法です。

ドメイン・ネームURLを、不動産として賃貸収益を得る方法

先行出願で取得できるドメインネーム。
わかりやすいドメイン・ネームはインターネットの黎明期から、高値で売買される対象となっていた。
しかし、SEOや、Googleの進化にともない、ドメインネームは、かつてほどの価値はなくなってきている。

しかし、新興国や中国などの高度成長する国では、日本の20世紀末のようにドメイン名がブームになろうとしている。

knn.comも、20世紀以来の高値でのオファーがあり、売却することができた。

SOLD OUT! KNN.COM domain from 80,000us dollars over

それもつかのま、今度は別の業者でオークション中になっているというからすさまじい…。


https://www.4.cn/search/detail/pid/6166543

 

ドメインネームの賃貸ホスティングのビジネス

今回のこの売りぬけの経験から、新しいドメインネームの賃貸ホスティングのビジネスを考えてみた。

ドメインを持っているドメインホルダーさんは、毎年、少額ながらもドメイン管理料を払い続けている。つかっていないドメイン管理料をいつかは売れると思い払い続ける。すでに10数年ホールドしたままのドメインも多い。

そこで、KNN(4knn.tv)では、その、価値あるドメイン・ネームを2年単位で預からせていただき、ドメインの上部のサブドメインを2年間のホスティングつきで貸し出すビジネスを開始する。

借り主は、当然、そのドメイン・ネームによって、現在のビジネスのSEO効果が生まれたり、完全ホスティングによって、プログラムのインストールからドメインの取得や管理というわずらわしさかから開放される。

まずは、KNNの市議会議員さんのネットワークや、商工会議所の会員さま向けにサブドメインの賃貸の営業資料を作り、現在、ホールドされているクライアントのドメインの価値を向上させたいと思う。

ドメインホスティング、DNS管理、広告宣伝、サイト構築などのドメインレンタル事業の仲介をサービスする。また、2年後にはSEOを活かしたうえでの引越しサービスまでを想定している。

ドメインホルダーさんは、2年後に、そのドメイン名にふさわしいサービス事業者に売却するもよし、高値で売り抜けるのもよし。
むしろ、それよりも、ドメインによる、賃貸収益を生業にしていただきたいくらいだ。

保有されて、使われていない、稀有な超有名ドメイン専門の日本初の『プレミアム・ドメイン・賃貸事業』となる。

本来のしかるべきドメインの買い主と売り主の出会いをマッチングさせるというシェアリングエコノミー事業である。

このアイデアについて、本日は議論したいと思う。

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク