//afbアフィリエイト  

沖縄 でウーバーイーツ (Uber Eats)募集のドライバー登録方法と儲かる『リファラル収入』の方法

ウーバーイーツ 沖縄

https://www.ubereats.com/jp/city/naha-shi-okinawa

https://www.ubereats.com/jp/city/naha-shi-okinawa

■沖縄でも2020年8月25日からようやくウーバーイーツが上陸した!

本当は、沖縄では、ウーバーイーツではなく、シェアライドの本来のクルマのあいのりの同乗サービスのUberを『シェアリング特区』として認めるべきだろう。観光がコロナで大打撃を受けているだけに、感染対策をほどこした上での『シェアライド』事業は沖縄にとっては最大の地域貢献になるはずだ。
タクシーよりも代行のサービスがあるだけに『シェアライド』が受け入れられやすい土壌がある。代行サービスだけでは昼間では働けない。夜間のバイトならば1台で動けるシェアライドの方が利にかなってエコでもあり、エシカル消費を喚起できるはずだ。

□飲食店の宅配を代行する「Uber Eats(ウーバーイーツ)」は11日、那覇市北部の中心市街地と浦添市南部で25日午前9時から、サービスの提供を開始すると発表した。ウーバーイーツは現在、25都道府県でサービスを展開しており、沖縄は27カ所目で初進出となる。

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/615061

那覇市と浦添市でUberがはじまったので、名護市も時間の問題だ。

Uber Eatsの稼ぎ方として一番良い方法は、ドライバー登録をして、自分も配達しながら、リファラル採用(知人からの紹介の採用)からの収益を得る方法だ。

Uberのドライバーの登録方法はこちら
https://www.uber.com/a/signup/drive/deliver/

『招待・紹介コード』というのは、ちなみにボクの場合は、こちらのコードを持っているのでこちらのコードで招待できる。
なので、こちらから問い合わせてほしい。瞬時にドライバーの招待・紹介コードを発行する。



    ■ウーバーイーツのドライバー紹介・招待コード


    配達すると安い時には1件300円〜1000円程度の収益がある。
    Uberがキャンペーンでドライバー獲得のためにインセンティブを与えているからだ。
    実際に詳しい体験記事はこちらに掲載している。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/kandatoshiaki/20181203-00106000/

    UBER EATSの知人ドライバーから紹介コードをもらい
    (※50回配達で6万円が紹介者に渡される)、
    銀行口座と本人確認書類、写真を撮影し、あの緑の大きなバッグを8,000円の保証金を払い(※売上から天引き1週間に2,000円づつ)そして、ドコモの電動シェアバイクを月額4,000円で借りる契約をしてみた。20日間稼働すると1日あたり200円のシェアバイクのコスト計算だ。
    ※この配達回数や紹介料収益は変動する

    バッグは返却すると8,000円の保証金が返却されるが、初月の初期コストの損益分岐点は1万2000円となる。


    ■ 配達するよりも『リファラル収益』のほうがすごい! ウーバーイーツ!

    しかしだ…。新しい地域でUberEatsが、はじまると、店舗よりもドライバーの数の方が圧倒的に少ない。店舗側はUberEatsの知名度で集まるからだ。

    ドライバーの獲得がUberEatsの成功の鍵だ。

    UberEatsがかけるコストの大半は、ドライバーの収穫コストであり、そのためのキャンペーン販促費のほとんどが、リファラル採用に当てられる。

    ドライバー経験者からの紹介が一番、ドライバーを増やし、稼げないドライバーに稼ぎ方を伝授してくれるからだ。

    UberEatsの配達ドライバーは、最初の3件を初日でクリアできると慣れる。
    最初の1件がもちろん一番敷居が高い。

    UberEats側も最初の2週間は、初心者バッジを渡すようにする方が良い。
    ボクも最初の一件は、ピックアップなのにマクドナルドのレジに並んで店員さんに叱られたことがある。ドライバーは受け取り側で待たなければならない…(笑)。そんな時にドライバー初心者だとわかってもらえるともうすこしスムーズだったのかもしれない。

    ■高騰化する新規地域でのリファラル収益 1人紹介するごとに6万円の収入


    ドライバーは近くでやっている人がいないから集めにくくなる、そこで、ドライバーからのリファラル収益が高騰化する。

    一人あたりのドライバーが○回配達することに○万円というリファラルが設定されている。当然、新規開拓地区は跳ね上がる。

    なので、新しく始まる地域のドライバーに登録するか、新しく登録される地区のブログを書いて、何らかのカタチで、紹介コードを打ち込んでもらえるようにしておくと、リファラル収益が完全自動化できるというしくみだ。

    Googleなどで検索ワードを絞って広告を打つ手もあるだろう。

    ボクの場合は、沖縄 × ウーバーイーツ × ドライバー × 登録 × 収入 というワードで集客している。
    検索では、UberEatsと打ち込む人はほとんどいない

    ちなみに現在のリファラル収益は、1人が50〜100件配達すると、1万円〜6万円のようだ。※この件数と金額は変動する。

    毎月、ほんの数万円でも、一度動いて、しくみや権利を獲得しておけば定期的な収益をおよぼすビジネスモデルをたくさん持っていることによって、あくせく働かずに好きなことに時間をかける生き方ができるようになる。








    この記事に関連する記事