波乱万丈だったトーマス・アルバ・エジソンの一生

Toshiaki Kanda 2019年12月09日 月曜日
0 people like this post

『ティッカー』の発明は、順調であったが、電話の発明では、グラハム・ベルに負け、蓄音機の発明では、エミール・ベルリナーに負け、映画の発明ではリュミエール兄弟に負け、電流の方式ではニコラ・テスラに負けた。

エジソンの初期のパートナーは『ウエスタンユニオン(The Western Union Company)』。1851年設立の電信会社だ。つまり、『モールス信号(1840年)』の電信を提供する電信会社。
現在は、金融および通信事業の会社である。

1868年、21歳のエジソンは、ウエスタンユニオン社に電信技師として、就職する。
ウェスタン・ユニオン社のボストン支局に電信技師として勤務。
そして、最初の発明である『電気投票記録機』を電信技術を元に生み出す。

その後、電話技術研究で、ウエスタンユニオンは、エジソンを支援し協力する。

1876年、電話技術でグラハム・ベル(1876年2月14日)の『ベル電話会社』がエジソンに勝利する。『エミール・ベルリナー』のアイデアが採用される。

『ベル電話会社』の特許が成立(1876年3月7日)となり、『ウエスタンユニオン』の新規事業の『電話』事業は『ベル電話会社』に、当時の主力事業である『電信』に事業を集中したが、電信の衰退と共に、1879年からは資金移動事業、送金事業にフォーカスするようになった。

その後、『ベル電話会社』は『AT&T』となった。

1877年、エジソン、『蓄音機』を発明する。
1887年、ベルから独立した、エミール・ベルリナーが現在のレコードプレーヤーの原型となる『グラモフォン』を発売する。グラミー賞の名前はここから。エジソンの発明から10年後。

『電球』の改良による事業化を発明したエジソン

□スワンが1881年に発明したセルロース製フィラメントを用いた電球を販売
□エジソンは共同会社の設立を申し立てる
□1883 年、エジソン & スワン連合電灯会社(the Edison & Swan United Electric Light Company)が創設された。「エジスワン」(”Ediswan”)

1878年、『ゼネラル・エレクトリック(GE)』は、エジソンの白熱電球の『エジソン・ゼネラル・エレクトリック・カンパニー』会社から誕生した。

1899年、エジソンの名前が取れ、『ゼネラル・エレクトリック』となった。

1884年、『ニコラ・テスラ』が、『エジソン電灯会社』に入社し、『直流』を押す、エジソンに『交流』を提案し、解雇となる。

1887年、ニコラ・テスラが『Tesla Electric Light Company(テスラ電灯社)』を設立。

1888年、『ジョージ・ウエスティングハウス』が、テスラに出資する。ウエスティングハウスは1869年に鉄道用のブレーキ会社だった。エジソンの直流方式に交流方式で勝利する。

1887年、エジソン(ウィリアム・ディックソン)が『キネトグラフ(のぞきからくり)』『キネトスコープ』を発明。

□エジソン社は製フィラメントを使い続け、セルロースに転向したのは1892年の合併でゼネラル・エレクトリック社が創立された後。スワンのセルロースフィラメントの発明から11年後…。
□『エジソン・ゼネラル・エレクトリック(『直流』推進派)』を1892年に吸収合併した『ゼネラル・エレクトリック(GE)』でさえ、『交流』用の設備の生産を開始することとなる。

1895年、『リュミエール兄弟』が、パリのグランカフェで、『シネマトグラフ』を公開。映画館としての興行がスタート

1919年、ゼネラル・エレクトリック、AT&Tウェスティングハウスの3社がオーウェン・D・ヤングの提案により、共同出資でグリエルモ・マルコーニのアメリカ支社を買収、ラジオ・コーポレーション・オブ・アメリカ(RCA)を設立する。


エジソンは、発明王でありながら訴訟王でもあり…そして、ルーザー(敗北者)であった…。

『ティッカー』の発明では、順調であったエジソン。
『電話』の発明では、グラハム・ベルに負け、『蓄音機』の発明では、エミール・ベルリナーに負け、『映画』の発明ではリュミエール兄弟に負け、『電流』の方式(直流)ではニコラ・テスラ(交流)に負けた。

https://note.mu/knnkanda/n/n13547dc00e55

http://www.edisonworl10.com/person/rival.html

https://wondertrip.jp/99531/

この記事に関連する記事

Category: history, 人物伝
  • 0
  • 566
Toshiaki Kanda