3,642 Views

「多くの国民は洗脳されてしまっている」という東大卒理系アスペルガー症候的な鳩山由紀夫元首相の言動

鳩山由紀夫 元・首相の行動が、政府だけでなく民主党さえも悩ませているようだ。

民主党の枝野幸男幹事長は(2015年3月)6日、鳩山由紀夫元首相がウクライナ南部クリミア半島への訪問を計画していることに関し「その方は元自民党の議員でもあり、元民主党の議員でもある。今は少なくとも民主党に属している方ではない」と述べ、不快感をあらわにした。国会内で記者団に語った。
http://www.sankei.com/politics/news/150306/plt1503060044-n1.html

「最低でも県外発言」

「腹案はある・・ここでは言わないけど発言」

いつも、鳩山由紀夫さんの発言、ふと「?」感じるところがあったのだが、このブログを読んでなるほどーと解決できた。

最初にアスペルガーとは?…こちらに詳しい

❏話し方が回りくどい、曖昧が苦手、細かいところにこだわる
❏大人びた難しい言葉、場にそぐわないほどの丁寧語を使う
❏一方的でわかりにくい話し方
❏言外の意味を汲み取ることが苦手
❏言葉の間違った使い方
❏思考を言葉に出す
❏しゃべるほどには理解していない
❏ジェスチャーや表情、距離のとり方などの言葉以外のコミュニケーションの問題
❏想像力の障害
❏パターン的行動、生真面目すぎて融通が利かない
http://www.autism.jp/knowledge/whatisas/web-j.html

キーワードは「東大」にあった

そうADHD型アスペルガー型の双方ともに、偏差値で最大級のパフォーマンスと常人を逸脱した領域をペーパーテストの関門で発揮するためには、その集中力と記憶力と問題解決能力でも異人化しているといってもいいだろう。

鳩山由紀夫さんは、典型的な天才的なアスペルガー型といえるようだ。

学習院初等科→学習院中等科→東京都立小石川高等学校→東京大学工学部計数工学科→スタンフォード大学博士課程Ph.D.

東京工業大学助手→専修大学助教授→自民党→新党さきがけ→自社さ連立政権→民主党(旧)→民主党 幹事長(代表 小沢一郎)→民主党 党代表 →内閣総理大臣 →辞任→東アジア共同体研究所 理事長

「総理大臣まで極めた人がその後、影響力を行使することが政治の混乱を招いている。総理大臣を経験した者は政界に影響力を残すべきでない」→
「国益に資する政治を行うため、皆さまの期待を頂けるなら、次の衆院選でも行動を共にしたい」→
「(自身の総理大臣辞任後の情勢が)自分の思い通りの展開となっていない」など。空気を読まない、読めない、発言や朝令暮改が多数見受けられる。

東京大学に於いては、アスペルガー症候群型と、ADHD型が、うまく共存しているなと、実は思っています。そして、そこが最大の魅力である大学。
東大脳が目指すべき道は、「リベラルアーツと専門の両立と融合による<創発>」であり、そういう観点からすれば、偏差値教育+専門重視、が矢張りあってしかるべきではないでしょうか。解りやすく言えば、「単独科目で偏差値99.9を経験した事のある/する事の出来る、総合科目で偏差値70以上が当たり前の人間」でしょう。
アプローチ手法のベースが、教養にあるか、専門にあるか、と言う点を、もう一度、皆さんで考えて、理想的な偏差値複合型のリベラルアーツ教育が実現
東京大学が考えるべきは、単なる秀才に過ぎない人間の台頭により見逃されがちの(特に貧困層の)、リベラルアーツと専門領域の「両立可能な」人材を丁寧に発掘し育成できる環境を整え、社会に訴え続けていく事。

リベラルアーツと専門教育:ADHD型とアスペルガー型の混線
http://agora-web.jp/archives/1634434.html

 

 

そういえば、2007年の参議院選挙

「我が党と一緒にやりましょう!」とボクに即断、即答で、熱く語ってくれた民主党時代の鳩山幹事長。
…あれもアスペルガー的公約だったとしか、思えない。
そして、立候補結果を先送りし、暗躍した鉢呂さんも…。

無所属で出馬したボクの結果は…。大敗でした。

この記事に関連する記事