530 Views

ドローン規制法案、ついに閣議決定 2015/07/14

ついにドローン飛行に関する規制の法案が閣議決定されてしまった。

こうやって、いままでの自主基準的なもので、ゆるやかに運用されてきたものが、マナーやルールを検討する間もなく、法律で規制されてしまうことを非常に残念に思う。

自転車事故とちがい、ドローンで一体どれだけのけが人や死亡者がでたのだろうか?

ドローン撮影における自由度も大きく変わった。公園のほとんどが、ドローン飛行を禁止とする状況である。

一旦、法律で規制されてしまうと、それに類する行為はすべて自重しなければならなくなってしまう。特に、ドローンのような日進月歩の技術が規制されると、誰もが自由に飛行テストをできる環境もなくなり、イノベーションが起きにくくなる。

特別なドローン飛行を許可された環境にアクセスできるものにしか、開発できないのは、技術大国ニッポンの底辺をささえる未来のエンジニアたちの大きな機械損失となることだろう。

こんなユニークな映像を見る機会もなくなってしまいそうだ。

50万円以下の罰金もケタを間違っていないか?

報道用のドローンライセンスがあってもよいだろう

❏総理大臣官邸の屋上で小型の無人機「ドローン」が見つかった事件を受けて政府は、人や住宅が密集する地域での飛行を規制することなどを盛り込んだ航空法の改正案を[2015/07/14/Tue]14日、閣議決定しました。

❏飛行させる際は原則、時間帯は日中で、常に監視すること。

❏衝突を防ぐため、人や建物との間で一定の距離を保たなければならない

❏これらに違反した場合、50万円以下の罰金を科すとしています。

政府はこの法案を今の国会に提出し、成立を目指すことにしています。「ドローン」などの規制を巡っては、国会議事堂や総理大臣官邸といった国の重要施設の上空で無断で飛行させることなどを禁止する法案が議員立法で提出され、すでに衆議院本会議で賛成多数で可決され、参議院に送られています。

情報源: ドローン規制で航空法改正案を閣議決定 NHKニュース

この記事に関連する記事