2,324 Views

【字幕プレゼン】「今でも私は自分が何人なのかよくわからない」孫正義の国籍紙切れ論

スポンサーリンク

https://www.youtube.com/watch?v=xCmfLaVNb0c

もしも、孫正義が普通の日本人家庭に生まれていたら…。

安本正義と名乗ることもなく、コンプレックスに悩まされることもなく、大志を抱えることもなく、普通に日本の教師になっていたのかもしれない。

自分のタメ、家族のタメ、同胞のタメ、未来のタメ、子供のタメ、夢と希望のタメ。

国籍なんて、ただの紙切れにしか過ぎない。

孫正義は、コンプレックスや逆境が生んだ現在のビジネスモンスターだ。

ネットでは「国へ帰れ」「嫌韓論」「在日」「チョン◯」などの「国籍」や「出自(しゅつじ)」に関する誹謗中傷がいつまでも、いつまでもとびかっている。とてもナンセンスでバカっぽい議論だ。日本人かどうかを血の純血だけで考えているのは、70年前のナチスとなんら、変わらない。

「部落差別をやめよう!」というキャンペーンこそ、差別だと思う。日本もそのうち世界から差別ではなく、区別される時代へと向かっている。中国と日本の世界的価値はすでに圧倒的に中国へと変わった。シンガポールのリー・クアンユー元首相の大英断がなければ、シンガポールは、ただの暑苦しいアジアの一国で終わっていたはずだ。
今の日本に本当に必要なのは国際的な感覚だ。其のためにも、外の世界をもっと見るべきだ。

国籍なんて、本当にタダの紙切れにしかすぎない。無番地という最低の階層レベルから日本の経済、いや世界経済を牽引するポジションをめざせるということを、孫正義は背中で見せている。

 
















まさに、この静かな中にも、「つかみ」「緩急」、「ポーズ」、「タメ」、「リフレイン」、そして「静かなエンディング」。決めの締めのクロージングを用意せずに、よぎる言葉をよどみなく発する。
まさに、プレゼンではなく、本当に感じているウソ、偽りのないメッセージだからこそ伝わる

 

孫正義社長がスティーブ・ジョブズを超えた伝説のスピーチ
■留学に挑戦する学生に向けた16分間の伝説のスピーチ
「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」という文部科学省が進める官民協働の留学支援プロジェクトの壮行会
http://allabout.co.jp/newsdig/c/80867

この記事に関連する記事

スポンサーリンク