さようならオバマ!あと数時間で見ることができなくなるオバマ大統領時代のホワイトハウス.gov

Toshiaki Kanda 2017年01月19日 木曜日
0 people like this post

あと数時間で、見ることができなくなるオバマ大統領時代のホワイトハウス.gov

https://www.whitehouse.gov/

オバマ ヘルスケア

https://ja.wikipedia.org/wiki/医療保険制度改革_(アメリカ)

アメリカの診療は自由診療が基本である。高額な医療費に備え、各自が民間の保険会社と契約を行うが、低所得者は保険料の支払いが困難となること、医療費のかさむ慢性病患者等は更新を拒否されたりする弊害があり、医療の恩恵を享受できない国民が少なからず存在していた。アメリカの自己破産の6割は医療費が原因である。さらに、その医療費が原因で破産した者の8割は医療保険に入っていたとも言われている。高額な医療費と、質の悪い保険のため、身体的のみならず、経済的にも病気や怪我に苦しめられるアメリカ人は多い

オバマが大統領に就任し、上下両院で民主党が優位となった議会を通過し、2010年3月に大統領が署名して成立(完全実施は2014年以降)したことから、オバマケアとも呼ばれる。主に二つの法律からなる[1]。Patient Protection and Affordable Care Act(患者保護並びに医療費負担適正化法、PPACA),通称Affordable Care Act(ACA)が中心となる。
アメリカ合衆国連邦議会予算局の試算では、以後10年間で、保険加入者は3100万人増加し、加入率は83%から94%に上昇するが、費用も9400億ドルに昇る。2014年1月1日、オバマケアでの保険適用が始まった

この記事に関連する記事

Category: politics
  • 0
  • 233
Toshiaki Kanda