海外在留邦人125万人 人数調査  2013(平成26)年

Toshiaki Kanda 2015年02月06日 金曜日
0 people like this post

テレビ朝日の報道ステーションで、ISISの件で邦人人数をテレビで公開してしまっていると指摘を紹介したら、こんな数字を外務省が公開していることを教えていただきました。ありがとうございます。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000049149.pdf

❏わが国の領土外に在留する邦人(日本人)の総数
125万8,263人
で、前年より8,686人(0.70%)の増加となり、本統計を開始した昭和43年以降過去最多となりました。このうち、「長期滞在者」(3か月以上の海外在留者のうち、海外での生活は一時的なもので、いずれわが国に戻るつもりの邦人)は83万9,516人(同1,798人(0.21%)の増加)で在留邦人全体の約67%を占め、「永住者」(当該在留国等より永住権を認められており、生活の本拠をわが国から海外へ移した邦人)は41万8,747人(同6,888人(1.67%)の増加)となって
います。

❏国別では、「米国」に長期滞在者の約30%(24万7,697人)、「中国」に約16%(13万2,243人)がそれぞれ在留していて、両国で長期滞在者の4割以上を占めています。3位以降は、「タイ」約6.9%(5万8,143人)、「英国」約6.0%(5万16人)、「オーストラリア」約4.3%(3万6,113人)、「韓国」約3.6%(2万9,905人)、「シンガポール」約3.5%(2万9,186人)、「ドイツ」約3.4%(2万8,269人)、「フランス」約3.1%(2万5,744人)、「カナダ」約2.9%(2万4,657人)、「マレーシア」約
2.3%(1万9,713人)の順となっています。これら11か国で長期滞在者の8割を占めています。

❏前年比の増減数では、「韓国」(4,479人)、「タイ」(3,556人)、「シンガポール」(3,353人)などで長期滞在者が増加した一方、「中国」(1万5,620人)、「米国」(1,986人)、「フランス」(1,764人)、「ドイツ」(1,343人)などで長期滞在者は減少しました。

❏職業別では、「民間企業関係者」が長期滞在者の約54%(45万2,517人)で最も多く、次いで、「留学生・研究者・教師」約21%(17万9,979人)、「その他(無職など)」約16%(13万4,939人)、「自由業関係者」約5.3%(4万4,508人)、「政府関係者」約2.8%(2万3,847人)の順となっています。

❏ 「永住者」は、前述のとおり41万8,747人(前年比6,888人(1.67%)の増加)で在留邦人全体
の約33%を占めています。

❏男女別では、「男性」が16万1,950人(約39%)、「女性」が25万6,797人(約61%)であり、「女性」が「男性」を上回っています。
前年比の増減数では、「男性」が4,116人、「女性」が2,772人それぞれ増加しています。

この記事に関連する記事

Category: データ
  • 0
  • 143
Toshiaki Kanda