79 Views

躍進する異端児経営者ドンキホーテ 東洋経済

ドンキホーテの最大の魅力は業界GSMの異端児であることだ。

合理化とは程遠いジャングル陳列による圧縮売り場。ネット通販では得られないイベント的な商品の出会い。

既存の確立されたスーパーや百貨店と違い雑然としたジャングルが商品のテーマパークとなっている。

2007年のスーパー長崎屋の買収により生鮮産品の売り場も拡充し、食品による吸引力でさらに粗利の高い雑貨の売り上げを上げている。

つまりドンキホーテにとって、食品や生鮮は、かつてのコンビニエンスストアの雑誌売り場と同じようなものだ。

業界の異端児だからこそ新たなルールを決めて躍進することができる。

創業者の安田からの泥棒市場からスタートした元からの叩き上げの経営それは現在の大原社長に受け継がれている。

今までの学歴とは関係のないヤンキー社員から長崎屋そして現在のユニーの大卒社員の入社も多くなった。

しかし、『源流』経営での安田イズムを徹底させている。

業界でありがちな担当者と出入り業者によるズブズブの関係は、ドンキホーテでは人事の降格に値すると言う。

『源流』で書かれている経営論はいわば当たり前のことなのだが、日本の商慣習が実はいびつだったことを改めて感じさせてくれる。

あえて、ドンキホーテの弱点と言えば、今までは弱者の戦略で業界の異端児であれば躍進することができた。

しかしながら、現在のポジションが強者へと変わってくると、おのずから戦い方も変わる。そこでドンキホーテが強者の戦い方ができるかどうかにかかっている。

東洋経済より参照

<iframe style="width:120px;height:240px;" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" frameborder="0" src="//rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=knncom-22&language=ja_JP&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=as_ss_li_til&asins=416661052X&linkId=f690de43eaabefdd7050b7b931e71085"></iframe>
<iframe style="width:120px;height:240px;" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" frameborder="0" src="//rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=knncom-22&language=ja_JP&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=as_ss_li_til&asins=478550451X&linkId=d8c0b7d2650b7b3fa888e65075d671ab"></iframe>