6,432 Views

日本のラーメン店 3.5万店舗 市場規模は5,560億円 食されるラーメン年間3.8億杯

KNN市場規模2016

KNN市場規模に追記

5,560億円 ラーメン店舗 市場規模

楽天の三木谷さんの個人資産と同規模!
5600億円 56億ドル 三木谷浩史 純資産 2013

米国の日本の駐留軍経費は毎年5830億円

米国の2016年度の予算教書では人件費を含む在日米軍への支出は55億ドル(約5830億円)とされる。一方、日本政府が支払っている在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)は年間約1900億円になっている。
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2016/05/06/kiji/K20160506012531360.html

全国にあるラーメン店の数は約3万店舗。

市場規模は5,560億5,000万円
(店舗数はNTTタウンページ、市場規模は総務省・経済産業省「平成24年 経済センサス-活動調査-」)。

仮に、市場規模の70%が餃子やビールではなくラーメン代だとした場合、1杯1,000円として年間で3億8,923万5,000杯のラーメンが消費されていることになります(5,560億5,000万円×0.7÷0.1万円)。

ラーメンは老若男女から愛される外食の定番であり、ラーメンへの年間支出額は、そば・うどん、ハンバーガーを上回っています(総務省「家計調査年報」)
年間で食されるラーメンは3.8億杯

引用元: ラーメン店を開業する際に知っておきたい 手続きや費用のこと | ニュース・トレンド | RISE UP CLUB.

福岡でラーメン店といえば、まず名前が挙がるのが「博多一風堂」((株)力の源ホールディングス、本社:福岡市中央区)と「一蘭」((株)一蘭、本社:福岡市博多区)の2店舗だろう。両社とも福岡市内に複数店舗出店しており馴染みが深い。そして両社とも売上規模は100億円台(一蘭は海外店舗を含み)で、同業他社を大きく引き離している。
 全国には約3万5,000軒のラーメン店があるといわれる。そのなかで「博多ラーメン(豚骨ラーメン)」で、ラーメン文化が浸透しているという印象が根づく福岡にはさぞ店舗が多いだろうと思いきや、約1,400店舗と、全国的に見てもわずか4%という数に留まっている。
 前述の博多一風堂は福岡県内で9店舗、一蘭は同県内で13店舗と全体に占める割合はわずか数%である。この背景には2社のブランド名が全国的に浸透していることに加え、単独店および数店舗運営の所が大多数を占めていることがある。

http://www.data-max.co.jp/company_and_economy/2014/10/18688/1006_dm1509_01/

この記事に関連する記事