72 Views

世界の不動産王ランキングトップ10 トップは287億ドル3兆2719億円 トランプは31位 上には上がいる!

スポンサーリンク


ちなみに…トランプ大統領は31位だったそう。

世界の不動産王ランキング

■10位 許家印(Hui Ka Yan) 86億ドル(9684億4600万円)

中国の大手不動産・恒大グループの会長で、同国の大都市圏で不動産価格が大幅に上昇した事に伴って所有資産の評価価値が高まり、2016年からベスト10内にランクインしました。居住用不動産の開発に端を発した恒大グループは、ヘルスケアやファイナンス、インターネット、観光への多角展開を進めています。

■9位 スティーブン・ロス 120億ドル(1兆3513億2000万円)

マンハッタンの西側において、米国最大規模となる私有地開発プロジェクトを手掛けている関連会社の会長を務めています。同プロジェクトでは2016年5月に1棟の建設が完了しましたが、少なくとも2025年までは開発が続くという壮大な計画だそうです。

■8位 トーマス&レイモンド・クォック 130億ドル(1兆4639億3000万円)

香港で不動産開発会社を経営してきた兄弟です。香港市内で最高層のビルや国際金融センターなどに投資しており、同じく兄弟であるウォルター・クォックも14位に入っています。2014年にトーマス氏は贈賄で懲役5年の刑が確定し、今は兄のレイモンドが会長として経営を担っています。

■7位 ジェラルド・キャヴェンディッシュ・グローヴナー 130億ドル(1兆4639億3000万円)強

第6代ウェストミンスター公爵を継承し、先祖代々にわたって膨大な財産を有してきた英国人の世界的大富豪で、所有不動産を管理するグローヴナー・グループのオーナーです。ただ、2016年8月に死去しています。

■6位 劉鑾雄氏(Joseph Lau) 131億ドル(1兆4751億9100万円)

香港の資産家で不動産大手・華人置業集団(チャイニーズ・エステート・ホールディングス)の会長です。宝石の収集家としても有名で、超高価なダイヤモンドなどを落札して話題になりました。

■5位 ディビッド&サイモン・ルーベン 144億ドル(1兆6215億8400万円)

インドのムンバイ出身の兄弟で、1950年代にイギリスに移住し、金属事業で成功を収めました。そして、同国において不動産事業にも手を広げて莫大な財を築いています。

■4位 郑裕彤氏(Cheng Yu-tung) 145億ドル(1兆6328億4500万円)

※郑は左が「关」、右が「阝」香港とマカオで不動産取引を展開する一方、アジア最大規模のジュエリー小売やカジノ、交通、通信事業などを手掛けるコングロマリットの総帥でした。2016年9月に死去しています。

■3位 ドナルド・ブレン 151億ドル(1兆7004億1100万円)

ロサンゼルス出身で、米国大手不動産のアーヴィン・カンパニー会長を務めています。500以上のオフィスビルや40以上のショッピングセンターを所有し、全米有数の規模を誇っています。

■2位 李兆基(Lee Shau Kee) 215億ドル(2兆4211億1500万円)

香港きっての不動産所有者で、恒基不動産(ヘンダーソン・ランド開発)を創業し現在は会長職に就いています。1948年に中国の広東省から香港に移住し、一代で財を成しました。ホテルやレストラン、インターネットサービスなどにも手を広げています。

■1位 王健林(Wang Jianlin) 287億ドル(3兆2319億700万円)

アジア随一の富豪で、不動産業を中軸とする中国のコングロマリット「大連万達集団(ワンダグループ)」の創業者で現会長です。シカゴに89階建ての超高層ビルを建設するなど、海外でも積極的に不動産投資を展開する一方、M&Aを通じて映画やテレビ番組の製作といったエンターテインメント事業にも力を入れています。

情報源: 世界の不動産王ランキングトップ10 (ZUU online) – Yahoo!ニュース

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク