2,747 Views

診療報酬410円 薬のカルテ17万件未記載 調剤薬局

「薬のカルテ」と呼ばれる薬剤服用歴(薬歴)を記載せずに患者へ薬を出していたことがわかった。2013年3月の内部調査で未記載は約17万件あった。根拠となる資料がないまま、一部で診療報酬を不適切に請求していた疑いがある。

薬歴を適切に管理すれば、薬を出すごとに410円の診療報酬が得られる。

引用元: 薬のカルテ17万件未記載 調剤薬局「くすりの福太郎」:朝日新聞デジタル.

診療報酬とは…

❏診療報酬(しんりょうほうしゅう、Health care fee)とは、保険診療の際に医療行為等の対価として計算される報酬を指す。「医師の報酬」ではなく、それだけでなく医療行為を行った医療機関・薬局の医業収入の総和を意味する。

410円の診療報酬 とは…

薬剤服用歴管理指導料は、患者に対して、次に掲げる指導等のすべてを行った場合に処方せんの受付1回につき41点算定する。ただし、ハを除くすべての指導等を行った場合は、所定点数にかかわらず、処方せんの受付1回につき34点を算定する。
http://kanri.nkdesk.com/kasan/kasan4.1.php

❏2012年度の診療報酬改定で、患者の服薬指導で薬剤師が手帳へ記載しないと、薬剤服用歴管理指導料(一回410円)を請求できなくしたため、多くの薬局で手帳が交付された。ただ、手帳を忘れた患者にシールを渡すだけでも認められたため、十分な指導をせずに無駄になっているケースも。
❏シールを渡すだけや、持病がなく複数の医療機関にかかっていないなど、「手帳を必ずしも必要としない」(厚労省)場合は、指導料を340円にした。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/health/CK2014040802000160.html

お薬手帳を使わないと1回あたり70円節約できる。
…であれば、手帳ではなくクラウド上で、スマホの「お薬手帳アプリ」にすれば、すべて340円で指導料はすんでしまうのではないだろうか?

お薬手帳を忘れても、スマホは忘れない。シール代金もかからない。

3割負担でも、123円から、102円に節約できるので、21円保険適用は費用が安くなる。
国は287円負担から238円負担へとかわり、財政は49円浮くことになる。

日本国民が1ヶ月に1度医者に行き、処方されるだけで…

49円×年12回×日本国民1.2億円=705.6億円

手帳の電子化だけで700億円節約って魅力ないだろうか?

この記事に関連する記事