4,750 Views

サラリーマンの平均年収415万円は、平均ではなく偏差で比較しなければ意味がない

スポンサーリンク




よくサラリーマンの平均給与という数字で語られるが、『平均』給与を知ったところで何も意味がない。
平均ではごく少数の富裕層が、多大な影響を与えてしまうからだ。男女間の収入格差も見えてこない…。

記事などにもよく平均が使われているが…実態とはそぐわないのだ…。

TDR価格改定 「1デーパスポート」7400円は高いのか?

TDLが開業した83年のサラリーマン平均給与は329万円(民間給与実態統計調査)だった。直近統計の2014年は415万円。平均給与の上昇率は約26%に過ぎないが、夢の国のチケット代は90%も高くなったのだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160217-00000017-nkgendai-life

年収ラボに興味深いグラフが掲載されている。
http://nensyu-labo.com/

平成26年(2014年)のサラリーマンの平均年収は415万円

平成26年(2014年)のサラリーマンの平均年収は415万円
http://nensyu-labo.com/heikin_suii.htm

男女年齢別平均年収

しかし、年齢別で平均してもこれだけの差異があるのが年収の数字である。

平成26年(2014年) 5才段階の男女別平均年収
http://nensyu-labo.com/heikin_nenrei.htm

男性は、50-54歳が年収のピーク
女性は、25-59歳までピークは変わらないが男性とは極端に低い

マーケティング的な側面での年収はこちらに意味がある

年収の偏差が一番よくわかるグラフ

こちらの図版を見ると、一番マーケティングのデータ的には価値がある。

男性の年収は、3〜400万円が一番多く、300万円台が500万人400万円台が500万人未満
女性の年収は、100万円台が500万人、200万円台が400万人強

ターゲットのボリュームゾーンと年収の幅が理解できる。

年収300万円以下の割合は40.9%、年収1,000万円以上の割合は3.9%

階層
男性(単位:万人)
男性割合(%)
女性(単位:万人)
女性割合(%)
100万円以下
91.5
3.3
326.2
16.7
100万円台
209.8
7.5
511.6
26.2
200万円台
371.4
13.2
431.5
22.1
300万円台
513.8
18.3
310.3
15.9
400万円台
487.8
17.4
175.5
9.0
500万円台
358.2
12.8
92.0
4.7
600万円台
235.6
8.4
44.8
2.3
700万円台
165.7
5.9
23.8
1.2
800万円台
112.3
4.0
12.6
0.6
900万円台
75.2
2.7
6.9
0.4
1,000~1,500万円
136.4
4.9
12.0
0.6
1,500~2,000万円
28.4
1.0
2.2
0.1
2,000~2,500万円
8.6
0.3
0.9
0.0
2,500万円越
10.2
0.4
0.9
0.0

統計元:国税庁 平成26年 民間給与実態統計調査結果

http://nensyu-labo.com/heikin_kaisou.htm



この記事に関連する記事

スポンサーリンク