セコムドローンが2015/12/11/FRIよりサービスイン

Toshiaki Kanda 2015年12月11日 金曜日
0 people like this post

セコムは、民間防犯用としては世界初という自律型ドローンを活用した監視サービス「セコムドローン」を12月11日に開始する。敷地内に侵入した不審車(者)を自動で追跡し、クルマのナンバーや人の顔などを撮影する。改正航空法に基づき、第1号の契約先となった国の承認を得てスタートする。

施設内の外壁などに設置したレーザーセンサーが不審車(者)の侵入と位置を検知すると、監視カメラを搭載するセコムドローンが対象のクルマや人に接近し、クルマのナンバー、ボディカラー、人の顔や身なりなどを撮影する。この撮影した画像を無線でセコムのコントロールセンターに送信することで不審車(者)の特定、確保に役立てる。

ドローンは570(幅)×570(奥行き)×225(高さ)ミリ、重さ2.2キロ。時速10キロで飛行でき、3~5メートルの高さから不審者を追跡する。

LEDライトを搭載し、夜間でもクルマのナンバーや人の顔をカラーで撮影。また、レーザーセンサーとセコムドローンに搭載したGPSの情報から不審者との距離を把握し、相手の攻撃を自動で回避できるという。

料金は月額5000円(税別)から、ドローンポートなどの工事費用は80万円(税別)から。

世界初、民間防犯用の自律型小型飛行監視ロボット
「セコムドローン」のサービス提供を開始
改正航空法の施行に伴う承認取得、12月11日からサービス開始

セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:伊藤 博)は、民間防犯用としては世界初の自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」のサービス提供を、12月11日から開始します。「セコムドローン」は、セコムが長年培ってきた画像技術やセンシング技術、そして防犯・飛行ロボット技術を駆使し、セコム独自のコンセプト、ノウハウで開発した、世界に例のない独創的な自律型飛行監視ロボットです。

近年、企業へのオンライン・セキュリティシステムや監視カメラシステムなどの普及が進んでいます。セコムでは早期に異常を検出し、緊急対処や必要に応じて110番通報や119番通報を行い、お客様に「安全・安心」を提供しています。特に広い敷地を有する施設では、不審車(者)の映像を確実に捉えるため、敷地内に固定の監視カメラを設置するケースが増えています。固定の監視カメラは防犯上有効ではあるものの、遠くにいる不審車(者)の、特定の決め手になる車のナンバーや、人の顔や身なりなどが不鮮明である場合があります。

そこで、監視カメラとLEDライトを搭載した「セコムドローン」が侵入異常発生時に対象の車や人に上空から接近し、近距離で車の周囲を飛行し、車のナンバーや車種、ボディカラー、人の顔や身なりなどを撮影。この画像をいち早く無線でセコムのコントロールセンターに画像を送信することで、不審車(者)の追跡・確保に役立つことができます。

なお、6月に小型無人機(ドローン)の運行を見直すため、航空法改正の見込みとなり、弊社の小型飛行監視ロボットのサービス開始の延期をお知らせしましたが、改正した航空法の施行に基づき、第1号のご契約先の国の承認を本日朝得たことで、明日12月11日から「セコムドローン」のサービスを開始することになりました。

今回の「セコムドローン」の研究開発・商品化にあたっては、セコムのIS研究所と開発センターの技術力とセキュリティサービス・ネットワークに加え、情報セキュリティ技術、空間情報技術など、セコムグループの技術力を結集しました。セコムは、今後も“ALL SECOM”で「安全・安心・快適・便利」な社会の実現を目指してまいります。

このアイデアならば、空飛ぶドローンだけでなく、番犬代わりの、犬型ドローンなどもありなんだろう。
しかし、自由度を考えると、空撮ができるというのはセコムドローンのユニークなところだろう。
非常時以外にも何か使いみちがないと、いざという時に飛んでくれなさそうな気がしてならない。

この記事に関連する記事

Category: gadget, news
  • 0
  • 178
Toshiaki Kanda