10 Views

SOMPOホールディングスの社名がややこしい理由…消え去る 日本興亜 損害保険ジャパンと SOMPOひまわり生命保険

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-00000501-san-bus_all.view-000

企業が吸収合併した時に、合併側のお客様の利点を考えて古い社名を残す傾向が銀行や保険の会社ではよくある。

そのおかげで長い名前になり、そこから短くなる。
銀行の東京UFJ銀行に落ち着くまでにも相当長い期間が必要だった。

https://4knn.tv/history-of-japan-bank/

生命保険事業会社「損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険」は、『SOMPOひまわり生命保険』に。、令和元年 2019年10月

損保事業会社の「損害保険ジャパン日本興亜」は、『損害保険ジャパン』に。令和2年 2020年4月

日本興亜の名前は消える…

日本興亜の名称は13年4月に日本火災海上と興亜火災海上が合併して誕生した名残り…。

この記事に関連する記事