4,527 Views

アメリカン・ブルーという遺伝子組み換え肉牛

アメリカン・ブルー(通常の牛より筋肉が4割多く成長する)
NHKスペシャル NEXT WORLD 第3回 2015

http://www.coolweirdo.com/huge-genetically-modified-bulls.html

中国では遺伝子組み換え、霜降り肉牛が一歳に
http://www.focus-asia.com/socioeconomy/economy/353775/

モンサントレポート

日本においても「家畜・家禽に対する遺伝子組み換え飼料の給与試験」と「カンパチに対する遺伝子組換え体利用飼料の給与試験」が社団法人日本科学飼料協会により実施されており、平成18年3月に公表されています。それによると、肉牛、乳牛、肉豚、ブロイラー、産卵鶏、カンパチ(養殖水魚)に遺伝子組み換えの飼料を長期間給与した結果、いずれの場合にもそれらの生産性や健康状態への影響と乳、肉、卵などの畜産物への組み換え遺伝子の移行は見られなかったことが報告されています。
http://www.monsanto.co.jp/news/global/europe/germany.html#a05

牛乳と肉に大量投与されている遺伝子組み換えホルモンについて

❏“This milk was produced without the use of (GROWTH) HORMONES, ANTIBIOTICS or PESTICIDES.”
つまり、こう表示されているオーガニック乳製品以外の、乳製品には、ほとんど全てに(growth) HORMONES,ANTIBIOTICS 、 PESTICIDES が含まれているということですが、それは一切表示されていません。ですので、知らずに、これらのものを体に取り込んでいる人もかなりいいるはずです。
http://www.sweetnet.com/milk.htm

「NHKスペシャル」
– ネクストワールド 私たちの未来「第3回」 –

遺伝子操作が出現し始めている。ミシガン州に住むリアム・フークストラくんは同じ年齢の子供に比べて筋肉が4割多く成長する体質を持ち生まれてきた。
原因は遺伝子と考えられている。アメリカ・アイオワ州では特殊な体質を持つアメリカン・ブルーという肉牛を人為的に作ってきた。通常の牛より筋肉が多く成長する。ペンシルベニア大学では遺伝子操作によりネズミや犬を筋肉体質な体に作り変えることに成功しており、IGF1 遺伝子を発見した。未来学者のミチオ・カクは、人類は昔からパワーアップを繰り返してきたが、今、体そのものをパワーアップさせようとしていると話した。

http://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/info/339211/index.html

インスリン様成長因子
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%B3%E6%A7%98%E6%88%90%E9%95%B7%E5%9B%A0%E5%AD%90

IGF-1(Insulin-like growth factors/インスリン様成長因子)
ミオスタチン遺伝子(Myostatin/骨格筋増殖の抑制因子)の無効化
http://qb-trendnews.com/igf1/

モンサントの遺伝子組み換えに関する見解
https://4knn.tv/monsanto-co-jp/

この記事に関連する記事