1,668 Views

Windows & Android危険な「パスワード使い回し」アプリで一発解決 KeePass Paword Safe


やはり、まだ英語のパスワード管理ソフトウェアを使うというのを日本で普及させるには難しいのかも…。まず、このUIでは、まったくダウンロードしたくはならない(笑)

マスターキーを設定し、各サイトにはランダムなパスワードを入力するという管理方法

暗号化したデータをクラウドのドロップボックスなどで、管理する。万一漏洩したとしても、暗号化されているので、個人のデバイスでアクセスしない限り、素のパスワードは解読されない。

難点は、KeePassに絶対に問題がないかどうかだ。
無料のサービスなだけに何か問題が起きた時のことを想定すると、ネット上の全財産を託するにはリスクが高い気がする。

また、日本語のパッチ化が必要な点も、一般ユーザーにはなじみにくい。

KeePass日本語パッチ化するダウンロード方法
http://synclogue-navi.com/keepass-install

ただ、同じIDとパスワードを使いまわしをするよりは、よほど安全だろう。
問題は、ランダムに作成されたパスワードのバックアップをどこに置いておくべきかだ…。むむむ、悩む。

【複数パスワードをPCとスマホで共有】

図1 パスワード管理アプリ「キーパス」のデータはパソコン版とアンドロイド版で互換性がある。データをドロップボックスなどのネットストレージに置いておけばパソコンとスマホでパスワードの共有が可能だ。ドロップボックスがインストール済みという前提で手順を解説する。ウィンドウズ版はドロップボックスのサイト(https://www.dropbox.com/)、アンドロイド版やiOS版は各ストアから入手できる

アカウントとパスワードは、グーグルやショッピングサイトなどいろいろなサービスで使う。たくさんあると覚えるのが大変だし、かといって同じパスワードを使い回すのは危険だ。

こういうときはフリーソフトの「キーパス」を使おう。複数のアカウント/パスワードを「マスターパスワード」1つで統合管理できるソフトだ。アカウントとパスワードは暗号化され、データベースとしてファイルに保存される。

それをクラウドサービスの「ドロップボックス」などに置いておけば、スマートフォン(スマホ)やほかのパソコンとの共有が可能になる(図1)。

まずはウィンドウズ版ソフトと日本語化パッチを入手する(図2、図3)。

引用元: 危険な「パスワード使い回し」 アプリで一発解決  :日本経済新聞.

この記事に関連する記事