384 Views

YouTubeがテストラボ「TestTube」をオープン!

YouTubeがテストラボ「TestTube」をオープン!

YouTubeが研究開発段階のサービスを発表する場として「TestTube」を公開した。
http://www.youtube.com/testtube

IT mediaの記事
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0612/07/news097.html

テストラボとしては、Google Labs
http://labs.google.com/
が有名であり、Beta版α版を問わず、いろんなサービスを公開している。YouTubeもそのGoogleのDNAに見習い、今回のラボのオープンにこぎつけたのだろう。

イメージキャラクターは、いつもYouTubeのサーバがメンテナンス中に登場するお兄さん。このキャラクターを見るとユーザーはきっと、「またサーバメンテナンス中か!」というネガティブな印象のほうが強いかもしれない…。

そして、今回のサービスの第一弾が「Streams」である。
http://www.youtube.com/streams_main

これは、YouTubeのIDを持っている人が、自分専用の「Streams」というサービスサイトをユニークなIPアドレスで取得できるサービス。
すでにリリースしている「YouTube Channel」は自分の投稿ビデオや視聴したビデオを自分のウェブサイトとして公開できるサービスであったが、今回のStreamsは、ビデオを見ながらチャットを楽しむという参加型のウェブとなった点に注目したい。

実際に作ってみた。

BarTube Night
http://www.youtube.com/stream?s=1179648

1ユーザーあたりに1ストリームしか参加できない。
日本語のチャットが対応されていない。
メインの自分のページとの連動がなされていない。
など、ネガティブな要素を挙げだすときりがないが、映像を見ながら、世界の人たちとチャットできるという新しいコミュニケーションを創出している。

むしろ、映像=受身というパッシブな要素が、チャットで参加、自分で映像を選ぶ、誰

YouTubeがテストラボ「TestTube」をオープン!

YouTubeが研究開発段階のサービスを発表する場として「TestTube」を公開した。
http://www.youtube.com/testtube

IT mediaの記事
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0612/07/news097.html

テストラボとしては、Google Labs
http://labs.google.com/
が有名であり、Beta版α版を問わず、いろんなサービスを公開している。YouTubeもそのGoogleのDNAに見習い、今回のラボのオープンにこぎつけたのだろう。

イメージキャラクターは、いつもYouTubeのサーバがメンテナンス中に登場するお兄さん。このキャラクターを見るとユーザーはきっと、「またサーバメンテナンス中か!」というネガティブな印象のほうが強いかもしれない…。

そして、今回のサービスの第一弾が「Streams」である。
http://www.youtube.com/streams_main

これは、YouTubeのIDを持っている人が、自分専用の「Streams」というサービスサイトをユニークなIPアドレスで取得できるサービス。
すでにリリースしている「YouTube Channel」は自分の投稿ビデオや視聴したビデオを自分のウェブサイトとして公開できるサービスであったが、今回のStreamsは、ビデオを見ながらチャットを楽しむという参加型のウェブとなった点に注目したい。

実際に作ってみた。

BarTube Night
http://www.youtube.com/stream?s=1179648

1ユーザーあたりに1ストリームしか参加できない。
日本語のチャットが対応されていない。
メインの自分のページとの連動がなされていない。
など、ネガティブな要素を挙げだすときりがないが、映像を見ながら、世界の人たちとチャットできるという新しいコミュニケーションを創出している。

むしろ、映像=受身というパッシブな要素が、チャットで参加、自分で映像を選ぶ、誰かが選ぶという新しい映像によるコミュニケーションが体験できることに関心を持った。

さらに、つまらないテレビを見ているよりも、誰かが編成したStreamsによるYouTube動画を楽しむほうが楽しいということも発見できた。

実際に特徴としては、Streamsを見ているだけで、テレビ型の怠惰な状態でYouTubeが楽しめることも発見できたことも付け加えておこう。

選ぶという新しい映像によるコミュニケーションが体験できることに関心を持った。

さらに、つまらないテレビを見ているよりも、誰かが編成したStreamsによるYouTube動画を楽しむほうが楽しいということも発見できた。

実際に特徴としては、Streamsを見ているだけで、テレビ型の怠惰な状態でYouTubeが楽しめることも発見できたことも付け加えておこう。