ネガティブなことを言っている人は、ずっと毎日ネガティブなことを言い続けている。ポジティブな言葉に置き換える練習をしなさい。

ネガティブな事や、ため息をつきたくなる時は、誰にだって一日に何度でもある…
しかし、それを自分が口にしたり、文字にした瞬間にそれは一瞬に人に伝搬する。
そこでシンパシーや同情はあおれるけれども、解決には一切つながらない。

また、そして、人生で何度も同じシーンに遭遇する…。

それはなぜか? 同じ思考のルールで動いているから、自ら同じ再現性を高めているからだ。

愚痴る時間があれば、それをどう解決すればよいのかを考える時間にさくべきだ。
ポジティブな言葉を発して、お茶を濁すのではなく、問題解決のスキルを持って解決する。

まずはこの本を読もう!

自分の思考ルールを因数分解してみること。

言い訳、弁明、弁護、弁解 思考から、問題解決思考へ…。

世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく方法。

まずは、問題を解決するために、『問題の要素を分解』するクセをつけること!

世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく

世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく

 

 

 

10歳でもわかる問題解決の授業

10歳でもわかる問題解決の授業

 

 

 

問題解決大全

問題解決大全

 

 

この記事に関連する記事