驚愕!『宝くじ当選者の7割は、5年後にすべてを失うという法則 』不幸になるために宝くじを買う人たち

宝くじ、6億円や、買わなければ当たらない…で煽る。

パチンコやカジノのギャンブル依存が叫ばれる中、『宝くじ』はガンガンコマーシャルが打たれ、夢をかう人が行列をなしている…。

日本のテレビでもおなじみの、東京大学教授の、ロバート・キャンベルさんが、指摘した。宝くじ当選者の末路。
『宝くじの当選者は5年後に70%の人がすべてを失う』と…。

 

当選者に配られる一冊の小冊子がすべてを物語る…。

1000万円以上の当選者にみずほ銀行から贈られるパンフレット

f:id:knnkanda:20180713160818p:plain

(当選した)その日からよく本

『【その日】から読む本』

なぜ、この本が配布されるのか?

書いてある内容は、ほんと、些細で単純なことだが、それすら狂ってしまう人が多いからだろう。

第一部「今すぐやっておきたいこと、やってはいけないこと」

  • 1. 受け取った当せん金は、とりあえず安全な場所へ
    • 安全のため、当せん金は銀行等の口座へ
    • 絶対に必要でない限り、現金は持ち帰らない
    • 当せん証明書の発行を依頼しておく
    • グループ買いなら、メンバーの委任状が必要
    • 2. これからのスケジュールを思い描いてみよう
      • 今後の大まかなスケジュールを立てる
      • 何かを決めるには、気持ちを落ち着かせてから
      • グループ買いなら、当面の「決まり」を作っておく
    • 3. ちょっと待て、落ち着いてからでも遅くない
      • 後悔するような軽はずみな言動に注意する
      • 当せん直後は、興奮状態にあるという自覚を
      • 自分の性格やクセを見つめなおそう
      • 時間は味方と心得よう
    • 【その日】から読む本 – Wikipedia

 また、高額宝くじにで不幸になった世界の人たち

labaq.com

 

海外のカジノで億万長者になれる確率が60万分の1、毎日飛行機に乗っていて事故に遭う確率は11万分の1、1年間に交通事故に遭って死亡する確率 は1.6万分の1などとなっていて、これらの見方を変えると、海外のカジノで16回以上億万長者になるか、90回以上飛行機事故に遭うか、625回交通事故死してはじめて1等に当たるのが宝くじの当選確率なのです。

fukuokatomotake.com

 

 

www.j-cast.com

『宝くじ』は夢などというが、よく考えてみてほしい。

これは、地方自治体への寄付行為だ。

宝くじの売価の半額以上が公共関連事業に費やされているからだ…。

f:id:knnkanda:20180713163008p:plain

収益金の使い道と社会貢献広報 | 宝くじ公式サイト

 

 

たまたま当せん金が一部の人にわたるだけだ。しかし、普段からお金の価値ある使い方を知らない人は、すぐに不幸に陥ってしまう。

 

身の丈にあわないお金は、その人の人生を変え、家族を変え、友達を変え、ビジネスを変え、身の丈にそぐわない世界に身を投じて不幸になるようだ…。

 

『宝くじ』は国民を騙しているにすぎない…。

むしろ、『寄付くじ』とすべきだろう。そのほうが外れや当たりを気にすることがない。

当たったら、また寄付すればよいのだ。

 

4knn.tv

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事