【図解】相手の『突き』のかわし方 かわすのは『腕』ではなく『腰』! #真正会鈴木道場

f:id:knnkanda:20181025094107p:plain

 

すべては、正しい基本型の型どおり…

しかし、いざ実際に【対人戦】となると基本から、かなりずれてしまう。

それは、鏡で自分のフォームを見ているのと違い、相手の動きしか見えないから。

自分のフォームを視覚で確認することができないから。

相手の動きにあわせて、反射的に勝手に動いてしまう。

基本の型をカラダにしみこませ、反射的にでも基本の型で反応させる。

そのためには、基本を何度も何度も練習し、染み込ませることしかない。

早道もTIPSもない。

 

 【図解】相手の『突き』のかわし方

A 腰でかわす。

 かわした後も、元のニュートラルな構えに戻ること。それにより、次の攻防に対応できる。

 

B 腕は腰に連動して動く。

腕だけでかわしにいくと、前傾する原因に…。前傾するとローキックを狙われ、ローキックをブロックすることもできない…負の連鎖が始まる。

腰の動きに手を連動させるためには、腕ではなく、『腰にひっついた腕』でよけるイメージ

 

C 頭、背中、腰、前足、が1本の直線

となった状態で姿勢をくずさない。
  安定と同時に、次の展開が自由となる。

 

D 前足加重

 になることにより、相手のより近いところから反撃することができる

 

E カラダの『平面』

を常に意識する。いつも変形四辺形になっていました…。

  常に 『両腰』の上に『両肩』が乗っていること。つまり腰主導に肩が乗るイメージ

 

水曜日 14:00〜 合同コース 子安慎悟師範 #真正会鈴木道場

 

緑帯の父親と同年代の先輩と共に稽古。

自分の父親が認知症でクルマ椅子だったことを考えると、先輩のようにスパーリングが、今でもできることに最大限のリスペクトです。押忍!

 


 

この記事に関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。