47 Views

エアアジアのASEANパス、タイ・マレーシア・ブルネイ・インドネシア・シンガポール・フィリピン・ベトナム・カンボジア・ラオス・ミャンマーの10カ国

スポンサーリンク

格安航空のエアアジアのASEANパスの料金が明瞭会計すぎる。
そう、事前にパスという回数券で即金で決済してしまうのだ。退蔵益も増えるし、格安で売り切っても、損益分岐点がキープできれば万々歳。
予定が早めに立てられ、日程に余裕がある人ならば、これはまさに便利にASEAN諸国を漫遊できそうだ。

・「エアアジア アセアンパス」
=10クレジット(初搭乗からの有効期限30日)18.000円(0.17ドル)のプラン
アセアンパスが30日間 10クレジット18000円(166ドル)

・「エアアジア アセアンパス プラス」
=20クレジット(初搭乗からの有効期限60日)32.000円(0.29ドル)のプラン
アセアンパスプラスが60日間 20クレジと32000円(294ドル)

予約は出発日の14日前 2週間

「1クレジット」 近い路線
クアラルンプール→シンガポール路線
クアラルンプール→ホーチミンシティ路線
クアラルンプール→プノンペン(カンボジア)
バンコク→チェンマイ路線
バンコク→プノンペン路線
バンコク→ホーチミン、ハノイ
シンガポール→ジャカルタ路線など多数

「3クレジット」やや遠い路線
クアラルンプール→バンコク路線
クアラルンプール→バリ島路線
クアラルンプール→ブルネイ
クアラルンプール→セブ
バンコク→バリ島路線
バンコク→シンガポール路線
ハノイ→クアラルンプール路線

「5クレジット」
バリ島→ジャカルタ路線など

「アセアンパス」10クレジットを日本円で購入すると18.000円(0.17ドル)
マレーシアリンギットで購入すると約13.000円(0.12ドル)
パスが使えるのは、「ASEAN諸国」のみ。
日本から使用する場合は、一旦ASEAN諸国入りする必要がある。
同一区間は二度通れないことになっている

エアアジアの最強プラン「アセアンパス(ASEAN PASS)」を徹底解剖!

レートによってどこの国で買うかでさらに安くなる…。

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク