153 Views

人生初の英会話スクール 無料体験レッスンから,おためし10回体験コースにトライ!英会話イーオン

スポンサーリンク


【身銭をきってのチャレンジシリーズ!】
人生初の英会話スクール!
無料体験レッスンから、おためし10回体験コースにトライ!
50分レッスン 10回で19,800円(222万9678ドル) なので1回あたり、1980円(22万2967ドル)。 (※2017/04/15申し込みまで)
http://www.aeonet.co.jp/school/1321/

高田馬場で英語の本を探しにいってエレベータの階をまちがえたら英会話のイーオンがありました。
おもわず、10回で19,800円(222万9678ドル)のポスターを発見!これだったら、英会話喫茶のMickeyhouseさんと同じ料金!なので、興味を持ちました。

少し理由があって、英語を真剣にやらないと駄目だと想いつづけ、ここはもうお金をかけてでもプロの英会話スクールを体験したくなり、この価格ならば、駆け込み体験!

今まで、我流の英語で約20年。自分でわかったことは「バックパッカー英語」なこと
※「バックパッカー英語」とは最低限、意思が通じるからそのままの英語のままで成長が止まってしまうこと

そういえば、英語って本での独学以外にやったことがなかった…。つまり、人生で最初の英会話スクールだ。

いや、違う、中学生の頃に、モルモン教徒の無料英会話で「聖書」を学んだ時以来の感覚を想いだした!

無料体験で、英語のクラスのレベルチェック、そして、10回コース。

当然、そこから通常コースへのビジネストークがあるはずだけど、まずは、10回体験コースにトライしてみます。

http://www.aeonet.co.jp/19800/

プレジデントの英会話ランキングではイーオンが1位になったそうです
http://www.aeonet.co.jp/school/1337/school_now/201704/577244

ちなみに、英会話のイーオンさんは、アンジェラアキさんのお父さん安藝清(あききよし)さん1947年9月13日生まれ がはじめた会社
https://ja.wikipedia.org/wiki/イーオン
1973年 徳島県に英語教育のアンビックを設立。
1989年 イーオンに社名変更。
前身会社のアンビックからイーオンとジオスに分離
https://ja.wikipedia.org/wiki/GEOS
ジオスは経営破たん

日本の経営者も英語が必須の時代

ソニーの平井社長くらい、英語が操れると世界が広がるだろうなぁ…。

サントリーの新浪社長

楽天の三木谷社長

DeNAの南場さん

日本マイクロソフト 樋口泰行社長

パナソニック 津賀一宏社長

トヨタの豊田社長

スポンサーリンク