REGZA 75インチ 4Kテレビ 15.4万円 悩みは75インチ対応のTVスタンド 75M540X

 

東芝のREGZAを買い続けている…。
リモコンの操作がもうこのタイプでないと操作ができないからだ。
クルマでいうところのウインカーが右と左にあるくらい違う。

…とはいいつつ、東芝のREGZAは、もはや東芝ではない…。

TVS REGZA株式会社 である。
https://www.regza.com/tvs/
95%は、海信集团有限公司  ハイセンスグループで東芝は5%である。 つまり、現在のREGZAはハイセンスだ。

1億円(株主:海信视像科技股份有限公司95%、株式会社東芝5%)

75インチに至るまでの意思決定プロセスは…。

沖縄県名護市に移住してから、街に映画館のないことに気づく…。
生まれた神戸の新開地の何軒もの映画館のある暮らしからはじめて映画館のない暮らしに…。

大画面への欲求が半端ない…。
そんなところに、EDIONのクーポン…当たれば買おうと思いつつ!当たった!というか当てられたのか?

■東芝REGZA 75M540X 15万4,000円

https://www.regza.com/regza/lineup/m540x/index_j.html

価格.com でも20万円以上
https://kakaku.com/item/K0001261215/?lid=pc_ksearch_kakakuitem

スペックシートは…

https://www.regza.com/regza/lineup/spec/75m540x.html

マニュアル

https://cs.regza.com/document/manual/98835_01r4.pdf?1617843820

テレビ、明日届くとのこと!早すぎる! #Edion #REGZA
名護市には映画館がないので、自宅を映画館にするしかない!
場所の引っ越しが、やばい!
15万4,000円で75インチの4Kテレビ。しかもREGZA!
結局、7万円4000円の値引きに成功!
しかし15万円の3%が、VISA LINE で、※4,500円分ポイント!
200円で1ポイントが、Tポイントカードに。 ※770円分ポイント

これからの小学校の算数は、こんなポイ活問題でもありかも。

■到着して驚く!このデカさ!しかし、設置するとそれほどでもない

 

ピンポーン! きました! デカ!!! エディオンさん、いつもありがとうございます!

これは一人での設置はほぼ不可能だ…。

このあたりにおさまるはずだったが…

おさまらない…。

 

急遽、ボックスは縦置きで対応…。

■設置したものの、テレビ台に悩む…まずは定番の3段ボックス

しかし、足幅が35.4cmは必要で、3段ボックスに立てて置くと、高すぎるので、不思議な横の倒し置きで臨時対応…。

とりあえず、amazonで足幅40cmがおける3段ボックスではなく、2段ボックスを発注。

やはり、この部屋では白色の家具だなぁ…。
なんとか 75インチモニタが、二段ボックスの高さで視聴に向くスタイルに…。

■75インチでも感動は15分くらい…

15分後には、もうこのサイズに慣れてしまっている。いっそ、80インチでも良かったくらいだ。80インチは、まだまだコストパフォーマンスがまだ悪い…。

それにしても、『人間』という生物は、クルマっでも、機関車でも、飛行機でも、エスカレーターでも最初はおっかなびっくりでも、すぐに乗りこなしてしまう。

早くなったPCも、30分も触ると、もう過去のPCには戻れなくなるくらい、『日常化』するのが速いのだ。習熟したり学習したりするのではなく、『経験値』だけは何の苦労もなく『環境』さえ整えば、アップデートされるからだ。

そして、もうこれで、75インチ以下のモニターでは画面が小さいという印象を持つことになってしまった。

 

テレビほど最新型なくてもよい、長寿家電は珍しい。

次の世代が登場してから値崩れ品を狙ってちょうどの製品ライフサイクル

❏4Kモニタ が登場してからの倍速ハイビジョンを購入

❏有機EL 4K   が登場してからの 4K購入

❏8K が普及してからの…次の購入…このREGZAも、10年くらい持つんだろうなぁ…。

リモコンチャネルにすでに、NETFLIXやYouTubeがあるだけで、もはや『テレビ』ではなく『チューナー付きのモニタ』と化している。

❏巨大テレビ台…。VESA対応のモニタスタンドか?

VESAは、Video Electronics Standards Association 、映像周辺機器に関する業界標準化団体のことであり『ベサ規格』として標準規格となっている。

REGZAのマニュアルにVESAの表記はないが、VESAの『VESAマウント』規格に対応しているようだ。

『VESAピッチ』では横400 縦200の表記で対応しているからだ。

❏やはり『タイムマシン』は必須の機能だ! D-M210の後付け?


https://www.regza.com/regza/bd_dvd/lineup/d-m210/index_j.htmlREGZAの『タイムマシン』という『全録』機能はもはや『時間』のコントロールだ。編成に左右されず、みたいものを見るというスタイル。時間がないものだけ『録画』するというスタイル。

REGZAタイムシフトマシンハードディスク D-M210

価格も3.6万円(2021年7月22日調べ)2020年11月20日 発売
https://kakaku.com/item/K0001306516/

  • 地上デジタル放送、BS・110度CSデジタル放送から、最大6チャンネル、約1週間分を録画できる「タイムシフトマシン」機能搭載ハードディスク(2TB)。

REGZAの場合、HDDの増設が可能なので、搭載HDDの容量はあまり問題ではない。むしろ最大録画チャンネルだ。
最大6チャンネルは、あと2チャンネルくらいほしいところだ。
地デジ4チャンネルBS2チャンネルにふりわけできる。
BSと地デジの切り替えすることなく、再生できればありがたい。

この記事に関連する記事