37 Views

ロシア政府に近い団体がクリントン氏攻撃 

トランプ大統領への疑惑…。
しかし、今頃、これで不当となると、クリントン大統領がくりあがるのか?
意外にトランプ大統領で大きなトラブルはいまのところ何も発生はしていない。
素人大統領のほうが、今は何が起きても、アメリカ中が、覚悟ができているから良いのかもしれない。

❏去年のアメリカ大統領選挙にロシアがサイバー攻撃で干渉したとされる問題で、フェイスブックなどソーシャルメディアを運営する3つの会社の幹部が議会で証言し、投稿を繰り返していたのはロシア政府に近いとされる団体で、内容はほとんどが民主党のクリントン候補を攻撃するためのものだったと明らかにしました。
❏人種や宗教など社会の分断を狙った投稿を8万回以上
❏最大で1億2600万人が閲覧した可能性
❏ツイッターでもこの団体に関連したアカウントから13万件以上の投稿
❏グーグルの傘下の動画共有サイト「ユーチューブ」にも1100本以上の動画が掲載されたということです。
❏一方で、投稿が選挙結果に与えた影響について、フェイスブックの幹部は「影響を判断する立場にはない」
❏議員からは「ロシアの脅威になぜもっと早くから気付かなかったのか」と、会社側の対応を疑問視する声
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171101/k10011206841000.html

In hearing on Russia, Facebook, Twitter, Google defend their security measures
https://www.pbs.org/newshour/politics/in-hearing-on-russia-facebook-twitter-google-defend-their-security-measures

AP report: Russia-linked posts may have reached 126 million Facebook users
https://www.pbs.org/newshour/nation/ap-report-russia-posts-may-have-reached-126-million-facebook-users

The Fake Americans Russia Created to Influence the Election

プーチン氏の米大統領選「干渉作戦」、機密文書が裏付け
❏当時のオバマ政権よりもロシアに柔軟な対策を取るであろう大統領を選ぶよう米国の有権者を奨励するため、ロシア政府にソーシャルメディアや政府系国際メディアで宣伝活動を開始することを勧めていたと、現旧の米当局者7人は口をそろえる。
❏米民主党の大統領候補ヒラリー・クリントン氏が勝利しそうだと警告。したがって、ロシアはトランプ氏を支持するプロパガンダをやめて、代わりに、米選挙制度の正当性を損ねるため不正投票に関するメッセージを大量に送り、クリントン氏の評判をおとしめる方が得策だと同文書は主張していたという。
https://jp.reuters.com/article/putin-us-presidential-election-idJPKBN17M0TW

この記事に関連する記事