Second Life的視野角の検証

Second Life的な視野角。

神宮前のキャットストリートにあるショップの足元で展開されていたサイバー的なリアルシティのミニチュア。

最近、企画者ともお会いできてうれしい!

ワイヤレスカメラでとられた車窓の風景は、リアル版SecondLife といえるだろう。

キッチュ感と低レゾリューションが、見事に現在の3DCGと似ているのが不思議な感覚だ。

アバターを通じて見ている感覚や操作感覚はこれに近いのかもしれない。

このようなミニチュアワールドをPCでコントロールするカメラで、ウオークスルーしていくと、さらにSecond Life的な視野角が創造できるかもしれない。

デバイスとしては、超小型の二足歩行、PCコントローラブル、ワイヤレスカメラロボット。

3万8000円くらいで販売してもらいたいなぁ。

この記事に関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。