538 Views

テフロン加工はNG!なんて…実は違っていた?


おっと、デュポン社のテフロンは、危険だと信じ込んでいたんですけど…。
実は違っているかも…という気になるかけてきた…。

 PFOAは製造過程でできるものではなく、フッ素樹脂を製造するときに補助剤として使用されていたもので、自然界には存在しない人工的な化学物質。科学的に安定性が高いので自然界で分解されたりすることがないこと、体内に入ると出にくい物質であることから毒性が高いのではないか、という問題が以前から言われていました。そこで2006年にテフロン製造メーカー8社がアメリカ環境保護局の提案によるスチュワードシッププログラムとよばれるPFOAの自主削除プログラムに参加し、2015年に全廃という目標のもと取り組みを始めました。デュポン3M/ダイネオン旭硝子ソルベイ・ソレキシスアルケマクラリアントチバ・スペシャルティー・ケミカルダイキン工業の8社、デュポンも当然参加していました。

情報源: テフロン加工はNG!なんて真っ赤なウソ – あれこれやそれこれ

この記事に関連する記事