カセットテープのブーム、曲をスキップできない不自由さ、未体験世代が求める理由は?

Toshiaki Kanda 2016年10月24日 月曜日
0 people like this post

曲をスキップできない不自由さ、A面B面のちがいが明確。
テープヒスノイズが入る。
それらのかつての昭和の「不便」が新しいのだ。

興味深いのが、カセットテープブームを支えているのが、『ノスタルジー消費』の人だちだけではない点だ。

カセットテープ世代ではない人が、新たなファッションアイテムのガジェットとして、楽しむところ。

ヴァイナルレコードを求める層ともちがって、音質やクオリティやアルバムのアートとしての芸術性は求めていない。

便利さをわざわざ、排除して、音楽の手触りの感触を求めている点がちがう。

そう考えると生まれた時から、CDがあり、レンタルで、MDに取り込み、MDのTOCで曲を聞くというスタイル。そこからはiPodなどの音楽再生プレーヤー、昭和世代と音楽とのパッケージとしての触れ方は稀有だった。

これは自分の生まれた時代よりも前のクルマに乗る感覚に近いのかもしれない。ただ、ファッションアイテムとしてはなんだろう?
着物のような日本古来の伝統が、『カセットテープ』にあるものでもない。

しかし、あのアナログ時代のガチャガチャに似た、カセットテープをイジェクトボタンを押して、オープンし、カセットを放り込み、再生ボタンを押す。音が出るという遊びをやっていない世代が珍しく感じるのは当然。

大多数がMDディスクによるジャンプできるデジタル初期の時代の申し子たちの、抜け落ちた人間の触感を求めているのかもしれない。

30代以上の音楽ファンがいる一方、カセットテープの時代を全く経験していない若者も多い。「彼らにとって、カセットテープはデジタルの次に来ている新しいメディア。そこにノスタルジーは全く介在していない」

カセットテープに代表されるアナログの音の魅力とは何なのか。角田さんは「ハイレゾ(高解像度)など技術的に高音質というのと、耳に聞こえる心地よさはレベルの違う話」としたうえで、アナログの音が心地よく聞こえる訳を「音の柔らかさや、ノイズ(雑音)も含めたリアリティーにある」と説明する。さらに、カセットテープやラジカセの持つ「ガジェット(道具)感」も魅力の一つという。カセットをラジカセに入れ、再生ボタンをガチャッと押す、あの感覚だ。インターネットでデータを受信しながら再生するストリーミングと対極的で、「デジタル世代にはすごく新鮮。逆にクールなものに映る」。かつてのようにウォークマンを腰に付け、歩きながらヘットホンで音楽を聴くというレトロなスタイルを楽しむ若者もいるという。◇今はカセットテープの黎明期角田さんは、カセットテープが注目を浴びる背景には、CDの売り上げが減少する一方、定額で好きな曲を何万曲も聴ける音楽配信サービスが普及するなど、音楽を取り巻くビジネスモデルの変化があると指摘する。「安価で聴きやすい状況ができたのに、みんな音楽を聴かなくなっている。有り難みが損なわれると、そこから離れていくからだ」。これに対し、「曲をスキップできないカセットテープでは、A面の1曲目からB面の最後まで音楽と対峙(たいじ)して、楽しさを再認識できる」。昨年、松田聖子が新譜をカセットテープでリリースするなど、アーティストの側にも動きは広がっている。「今後、カセットテープの再評価が進み、ムーブメントが起きる予兆は確実にある。今は黎明(れいめい)期だ」。角田さんはそう確信している。◇70年代人気モデルの復刻版も「ブーム」はメーカーも動かした。国内で唯一、現在もカセットテープの生産を続ける日立マクセルは11月25日から、70年代の人気モデル「UD」シリーズのデザインを忠実に再現した復刻版を限定発売する。66年に国内で初めてカセットテープを商品化してから今年で50年を迎えたのを記念したもので、6万巻を家電量販店や自社サイトで販売する。日本記録メディア工業会(2013年解散)のまとめによると、ピークの89年には5億巻以上あったカセットテープの国内需要も、MDやCD-Rなどの登場により、年々減少した。同社は現在も月100万巻を発売。カラオケの練習用などとして高齢者を中心に根強い人気があるが、数年前からカセットテープへの注目が高まったこともあり、復刻版の発売に踏み切った。

情報源: <カセットテープ>ブーム再び メーカーが復刻版発売 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

AV:なつかしのデザインが復刻! マクセル「UD」のカセットテープ発売50周年記念モデル登場 – 毎日新聞

日立マクセルから、1972年に発売したカセットテープ「UD」のデザインを復刻した音楽用カセットテープが、11月25日より数量限定で発売されます。価格はオープン価格です。

20161006_y-koba5_01_R
日立マクセルから、1972年に発売したカセットテープ「UD」のデザインを復刻した音楽用カセットテープが、(2016年)11月25日より数量限定で発売されます。価格はオープン価格です。
マクセルは、1966年に国内で初めてカセットテープを製品化し、今年でカセットテープ発売50周年を迎えました。今回発売されるカセットテープは、1970年代の人気モデル「UD」シリーズのデザインを復刻した50周年記念モデルになります。録音時間は10分、46分、60分、90分の4種類を用意し、数量限定での発売となります。
http://mainichi.jp/articles/20161006/gnw/00m/040/003000c

  • 0
  • 342
Toshiaki Kanda